MENU
恋愛・結婚・お悩み

40代独身女性の実家暮らしが痛いと思われる理由は?周りのイメージや特徴も暴露!

40代独女痛いトップ

実家暮らしの40代独身女性の皆さんは、世間からどのような印象を持たれてるかご存じですか?

今回は40代独身女性の実家暮らしが痛いと思われる理由は?周りのイメージや特徴も暴露!と題し、実家暮らしの40代独身女性が周りからどのような印象をっ持たれているのかを調べてみました。

 

中には自分で「結婚をしない」という選択をしている方もいると思いますし、結婚はしたいけれど結婚できる環境にないという方もいらっしゃると思います。

しかし、周りから事情が見えるわけではありませんので、「実家暮らしの40代独身女性」は、おおよそ一括りにされ「痛い」と思われている事が多いようです。

 

では、実家暮らしの40代独身女性が痛いと思われている理由を紹介していきましょう。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

40代独身女性の実家暮らしが痛いと思われる理由

独女イメージ

40代独身女性が実家で暮らしていると、いろいろな面で「自立できない」と思われているようです。

40代を過ぎて親と暮らしている人の中にはやむを得ない事情がある方もいると思いますが事情を公表しない限りは、その他大勢の「自立できない」独身女性たちと同じようにみられてしまうでしょう。

 

女性に限らず男性でも40代独身で実家暮らしとなると「自立できない」と思われてしまうことが多いようです。

痛いと思われてしまう一つの要因としては、自立できていないと思われている事にありそうです。

自立できない以外にも、40代独身女性が痛いと思われてしまう理由を調べてみましたので、さっそく紹介していきましょう。

40代独身女性は家事ができない

家事できない画像

実家暮らしだと「家事は母親まかせ」だと思われがちです。

実際にはそうではない方もいるとは思いますが、実家にいるメリットを何かと考えた時に、一般的には「だまっていても温かいご飯が出てくる」というイメージが真っ先に浮かびます。

 

私自身の話をすると親の存在というのは有難いものではありましたが、常に一緒にいると鬱陶しく感じる時も多々あり、早く自立したいなと思っていたし実際に自立しました。

実際に社会に出てみると、自分よりもずっと年上の独身女性が実家暮らしというのは当時から結構な数いました。

 

一人暮らしをしていた私からすると「親とずっと一緒で窮屈じゃないのかな?」と思っていた部分もありますが、彼女たちは想像以上に自由で金銭的にも余裕があって羨ましく思える時もありました。

実家から通勤している理由は、自由に使えるお金は多い方が良いだったり、だったりが多かったです。

 

出会った時に30代後半だったその女性たちは、50代になった今も独身です。

常に結婚はしたいとは言っていましたが、真剣に婚活している様子はありませんでした。

一度は結婚した人や、自分でマンションを購入して一人暮らしを始めた人もいました。

しかし、その女性たちはマンションを売却したりスピード離婚したりして、気づけば実家暮らしに戻っていた感じです。

 

毎晩、仕事終わりに飲んで帰るのが日課になっていて、飲まずに帰宅しても家で晩酌するため、食事も太るからと主食は食べずにおつまみ程度で済ましますし、それらは母親が用意してくれているという日常でした。

彼女たちが料理ができるか否かはわかりませんが、基本的には作らない事は確かです。

ある40代の出戻り女性は嫁ぐ前と同じように、毎日母親に作ってもらうお弁当を仕事場に持参していました。

 

実家暮らしでも家事(特に料理)をしている人もいるとは思いますが、家事をやらなくて済むという理由で実家暮らしを続けている独身女性は多い印象はあります。

年齢が若ければ周りもそれほど気になりせんが、やはり30代、40代の女性が日常的に家事をやらないと「家事ができない」と思われてしまうようです。

40代独身女性は金銭感覚がヤバい

お金画像

40代独身女性の中には、ハイクラスの化粧品を愛用したり、洋服を身に着けている人も多いのではないでしょうか?

金銭的に余裕があると、身の回りにお金をかける人も少なくないと思います。

普段から「自分へのご褒美」という名目でちょっと高価なものを買う習慣のある人は、「金銭感覚がヤバい」と思われている可能性が高いです。

 

自己投資や自分磨きという名目で趣味やエステにお金を費やす人や、長期休みのたびに旅行に行くと言う人も「金銭感覚がヤバい」&「家に生活費入れて無さそう」などのイメージを持たれがちです。

40代ともなると実家暮らしをしていなくても、老後に備えて貯金額を増やして行く必要があります。

 

結婚して家庭を持ったり子どもがいたりすると、自分自身にかけられる時間もお金も減りますし、将来を考えてより堅実な金銭感覚になる人がほとんどだと思います。

もちろん独身女性でも堅実な人は堅実ですし、使う分稼いでいるから放っておいてという人もいるでしょう。

 

しかし上記の欄で紹介した女性のように、毎晩飲み歩いたり旅行三昧だったり自己投資に余念がなかったりすると、生活感も感じませんし金銭感覚もズレているのではないかと思われがちです。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

40代独身女性は性格がキツイ

キャリアウーマン

40代独身女性の中には、会社の中でも昇進して重要なポジションに就く女性も少なくありません。

日本は残念ながらまだまだ男尊女卑が激しく残っている国です。

男性社会の中で、昇進していくためには努力と共に鋼の様な精神力でプライベートを犠牲にして今のポジションを獲得したいう方も多いでしょう。

 

しかし、ここで言う所の「40代独身女性は性格がキツイ」と思われてしまう女性は、そういったキャリア至上主義の女性はとりあえず省きます。

キャリアがある女性が結婚していなかった場合は、「結婚よりも仕事を選んだのだな」と理解されるからです。

 

それとは反対に特にキャリア至上主義でない女性が、40代になっても結婚せずに独身でいた場合は「あの人は性格がキツイから結婚できない」と思われがちです。

独身主義を貫いている方は別ですが、そうでなかった場合は「性格がキツイ」「性格に何か問題があるんじゃないの?」と思われる事が多いようです。

 

結婚したいのに結婚できなかった場合は、性格がキツイと思われてしまいます

特に誰かの悪口をいう事が日常的になっている人や、会社でのキャリアが長いというだけで何かと後輩にマウントを取る女性は要注意です。

 

40代独身女性のすべてが性格がキツイというわけではありませんが、実際に性格がキツイ女性や面倒くさい性格の女性が多いのも事実なので「40代独身女性」という同一カテゴリーで見られてしまいます。

40代独身女性が実家暮らしをしている本当の理由

実家イメージ

次は、40代独身女性が実家暮らしをしている本当の理由という事で、自分の利益だけで実家暮らしをしている訳ではないという事実を紹介していきましょう。

自分の利益だけというのは、上記で紹介してきたように自分にとって都合が良いという理由で実家暮らしを選択している事です。

 

実家暮らしを続ける人の中には、やむを得ない理由で実家を離れられないという人がいます。

しかし、自分の家のマイナス要素を大っぴらに公表する人はあまりいません。

ここからは、実家暮らしを続けるしかないやむを得ない理由を調べたので紹介していきましょう。

経済的に自立できない

自立できないイメージ

日本は、さまざな要因から仕事を失ったり生活に困窮している人が増えています。

AIなど技術力の発展と共に無くなってしまう職種もたくさんあり、やむを得ず非正規雇用で働く人も少なくありません。

特に女性の場合は正規雇用で長く働いていても給料がなかなか上がらないという人も多くいます。

 

40代独身女性が転職というのは、現実的にはかなり厳しい状況です。

個人の努力が足りない可能性もありますが、真面目に働いてもきちんと評価されていない場合もあります。

親のすねを齧っているという訳ではなく、収入が少なければ自立する事は不可能なので経済的な面で自立できないという人も沢山います。

 

実家暮らしをするうちに大黒柱になってしまった

大黒柱

かつては、「実家暮らしが楽だから」という理由で実家暮らしを選択していた人も、気づけば、定年退職を迎えた事で親の収入が無くなり、実家の家計が自分の収入で成り立つようにシフトしていたという人も中にはいるみたいです。

 

実家暮らしを続けていたらいつの間にか大黒柱になっていたというパターンです。

自分の収入が無くなると家族が生活していけないとなると、実家を出る訳には行かなくなっちゃいますよね。

親自身が自分たちの老後を踏まえてしっかりと蓄えている事が理想ですが、そうでない場合も往々にしてあるわけで、そうなると子供が親を支えていく形になります。

 

それを理解した上で結婚してくれるという相手が現れない限りは、一生独身で過ごす事になってしまいそうです。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

親など家族を介護しなければならない

介護イメージ

40代といえば、その親世代は60代以上である事がほとんどです。

年齢に限りませんが、親や兄弟など家族の中に病気や知的障害で介護が必要な場合も多くあります。

事故に遭って半身不随などでも介護が必要となる場合もあります。

 

介護者がいる場合は、介護と共に生活費を担う場合も多く、その負担の大きさから結婚どころか独立できないという人もいます。

介護に関してはヘルパーさんなど頼る先もありますが、全てを任せきりにするというのはよっぷど裕福でない限りは難しいでしょう。

 

当然、自分の事だけを考えて普通に恋愛する事も儘ならなくなります。

家族の介護のためにやむを得ず実家暮らしという方もいますが、家の事情は必要でない限り明かす事はないでしょう。

40代独身女性というだけで、「痛い」と決めつけるのは乱暴なのかもしれませんね。

本当に痛い40代独身女性の特徴

おかざき真里さん原作の漫画『ずっと独身でいるつもり?』が、昨年実写映画化され現在Amazon Primeで絶賛配信中です。

この作品は、独身女性に対する偏見や幸せについて描かれた物語で、独身女性に刺さる映画として話題となっています。

 

結婚しているというだけで優越に浸る既婚女性もいますが、結婚している人がえらいという事はありません。

結婚していても、いなくても悩みは千差万別ですし、そもそも「幸せ」は主観ですので同じ事が全ての人にとって幸せとは限らないからです。

 

ただ独身でなければ感じる事ができない幸せや、結婚しなければわからない幸せがある事は確かです。

ここからは、本当に痛い実家暮らしの40代独身女性をピックアップしていきます。

本当に痛いというのは、人としてどうなのか?というのを問われる事だと思ったら良いと思います。

 

では、人としてどうなのか?(痛い)と思われてしまう具体的な例をみていきましょう。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

実家暮らしなのに貯金額が少ない

現在40代の独身女性は、40代女性のうち4割ほどいるそうです。

40代の既婚女性のうち、40代で結婚したという人は既婚女性のうちの12%程度なので40代以降に結婚するというのは、なかなか難しいようです。

という事は、そのまま死ぬまで独身を貫くという事になりそうです。

 

40代といえば、一般的には社会に出てから長いですし、特に実家暮らしは金銭的に余裕がありそうなので貯金額も多そうなイメージです。

40代独身女性のうち約半数は実家暮らしをしているようですが、実家暮らしか否かを問わず貯蓄額が1千万を超える人は全体の20%に満たないようです。

 

本人が家計を支えている場合は別ですが、実家暮らしをいい事に散在して収入に対して貯蓄する額が少ないと「痛い人」とみなされると思います。

既婚でも独身でも、40代を過ぎて将来設計がきちんとしていないと痛いと思われてしまう確率は高くなります。

家事がまともにできない

家事イメージ

家事がまともにできないと「痛い」と思われてしまう可能性が高いでしょう。

実家暮らしは、そもそも「家事ができない」という偏見を持たれがちです。

「家事ができなくたって生きていける!」という声も聞こえてきそうですが、正直なところ自分の生活の面倒くらい自分で見れた方が人として認めてもらえます。

 

今、家事をしてくれているのが同居している親や家族ならば、いつかその人たちが病気で動けなくなったり他界した時の事を考えてみてください。

食事は、コンビニ弁当や外食に頼るのでしょうか?

掃除や洗濯は家事代行でしょうか?

 

経済的余裕がある場合は、家事代行を外注する事もできますがそうでなければ、洗濯や掃除、料理は全て自分でやる必要があります。

一人暮らしを経験している人ならば必然的に家事をこなしてきたでしょうが、実家暮らしの場合は家事をしたくないという理由で一人暮らしをしなかったという人もいます。

 

40代を過ぎて、生活の多くを親や家族に頼っていると「痛い」と思われてしまいます。

実家暮らしで家事の一切を親がしてくれる環境にあったとしても、積極的に家事はした方が良いと思います。

まだ結婚を諦めていないなら尚更です。

 

家事はやる気になれば誰でもできる事ですが、ある日突然できるようになる訳ではありません。

女性だけが家事を担うわけではありませんが、家事ができる=生活力なので生きていくのに必要不可欠な物です。

 

自立心が皆無

残高不足

特に実家で暮らす必要性がないにも関わらず、一度も実家を出た事のない40代独身女性は独立心が皆無と思われ、それだけでも「痛い」と思われているかもしれません。

親と娘の関係性が良好だったとしても、私が親ならば一度は外に出すと思います。

いくら社会経験が長かったとしても、独立してみないとひと月暮らすにはどれだけの費用が必要かがわからないからです。

 

実家暮らしの場合は、家庭にもよると思いますが家賃もないですし、毎月一定額を生活費として入れれば残りは自由に使えるという人が多いのではないでしょうか?

ひと月生活するためには、家のローンまたは家賃の他に光熱費や水道代、食費など毎月当たり前に必要となるものが結構あります。

 

これらの金額は重なると予想以上に大きなものですし、将来を見据えて貯蓄していく事も必要です。

一度でも独立経験がある人ならば、大よそのランニングコストを予測する事もできますし、老後どのくらいの貯蓄が必要なのかも見当がつきます。

 

今は誰かに頼れても、最後には自分で自分の面倒を見るというのが一般的です。

調べていると独身女性の中には、親が亡くなったあと次は兄弟に寄生したという自立心が皆無な人も中にはいるみたいです。

端から見て「寄生している」と思われたら「痛い」という事なんだと思います。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

結婚できないことのすべてを環境や人のせいにする

孤独な女性

40代独身女性の中には、大きく分けて二種類の人種がいると思います。

「結婚しないことを選択した人」「結婚したいけどできない人」の二種類です。

結婚したいけどできない独身女性の場合、結婚できなかった理由は色々だと思います。

病気など身体的な理由がある場合は、健常者並みのチャンスは少ないと思うので仕方ない面もあるでしょう。

 

ただ、特に身体的に問題なかった場合、自分が置かれた環境や人のせいにばかりしていると「痛い」と思われてしまっても仕方がありません。

現在、幸せな既婚者たちすべてが恵まれた環境にあったから結婚できたわけではないからです。

 

結婚の前に恋愛できない人の中には、その原因として出会いの少なさをあげる人がいます。

出会いの少ない職場に勤務した場合、毎日、会社と家を往復していても出会いが訪れるわけではありません。

 

インターネットのおかげで世界中と繋がっているという現状がある今、出会いがないというのはナンセンスです。

ネット上の出会いを推奨する訳ではありませんが、ネット上では色々な事を調べられますし、知らない事もたくさんあります。

 

出会いの形はいろいろで、いつもと同じ事をしていたらそれが変わる事はないですし、男性に全く好かれないというのも決して見た目や環境のせいだけではありません。

結婚している人が全て容姿端麗という訳でもないですし、美人な人でも結婚できない人もいます。

 

いつも誰かや環境のせいになかりしている人は、自分に一切原因はないと思っています。

残念ながら、自分を客観視できない人は、性別問わず魅力を感じないと思います。

自分の悪い部分を知り反省しない限りは、改善点もわからなければ成長する事もないからです。

イコール痛い人と思われても仕方ないのかもしれません。

痛いと思われない40代独身女性とは?

女性1

40代独身女性の中には、痛いと思われないどころか憧れられる存在の人もいます。

痛いと思われない40代独身女性とはいったいどんな人物なのでしょうか?

簡単にいうと「輝いている人」だと思います。

若さって素晴らしくて、若いというだけで輝いている部分がありました。

 

しかし、年齢と共に見た目も体力も衰えますし、どんどん退化していくのが常です。

でも、将来を見据えた上で自分を理解し自分らしく生きている女性はいくつになっても美しいです。

美しさ=人間力だと思います。

 

人として魅力のある独身女性は年齢に限らず、絶対に「痛い」と言われる事はありません。

いつでも自分基準でいる事で周りと比べる事もないですし、ひがんだり妬んだりする事もないでしょう。

オンとオフの切り替えも上手く、時間を無駄なく使う工夫ができて、出来るだけフラットな精神状態を保てる事が理想です。

 

そういう精神状態でいる事や、経験の深さが、外見や日頃の振る舞いにも表れ人間力に繋がるのだと思います。

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

痛いと思われないようにするためには?

本イメージ

では、痛いと思われないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

上記で記したように「痛い」と思われる要素がある独身女性は、ただちにそれらを改善した方が良いです。

40代の独身女性が痛いのではなく、40代独身女性というだけで偏見を持たれるのでそれを意識した上で、改善すべき部分は改善するといった方がいいかもしれません。

 

痛くない女性を真似るという事が近道ではありますが、自分には合っていない方法だったりハードルが高すぎる事もあります。

まずは、自分でも改善しやすい部分から改善していきましょう。

 

実家暮らしをやめて自立する

手っ取り早いのは、まずは一人暮らしをしてみる事です。

経済的にできない方もいるのかもしれませんが、まずは独立できる環境にある場合は実家暮らしをやめて、自立しましょう。

「いまさら・・・」と思う方もいるかもしれませんが、何かしら自ら動かないとこの後も今の状況が自然に変化するという事はありません。

 

独立する事で、生活力も身に付きますし生活費も含めてお金をやり繰りする事で、自分が何にお金を使うべきかも見えてくると思います。

自分磨きも本当に自分磨きになってなければ、単なる無駄遣いです。

限られた収入の中で優先順位を決めてお金を有効的に使う事は生きていく上で必要な事です。

 

独立できない原因が低収入であるならば、収入アップできる方法を見当してみると良いと思います。

どこにチャンスが転がっているかわからない世の中なので、悲観的になっているだけでなく、少しでも収入アップできる道を模索しましょう。

 

身の丈にあった婚活をする

結婚イメージ

結婚を望んでいる独身女性の場合は、自分の年齢を踏まえた上で身の丈にあった婚活をしましょう。

気づいているとは思いますが、結婚というジャンルにおいて40代は売り手市場にはありません。

 

特に40代女性の場合は、ゼロではありませんが子宝に恵まれる可能性は少ないです。

したがって子供を欲しいと思う男性からは、ほぼ除外されてしまうと思います。

それが現実です。

しかし、中には子供は望まないという男性もいます。

 

バツイチで前妻との間に子供がいるという男性は、新たに子供を望まないという事もあると思います。

たまに40代であっても、20歳近く年下の男性と結婚するという人もいますが、そういう人はかなり稀です。

 

女性に限った話ではありませんが、性格や生活能力が同レベルだとしたならば生殖能力が高い若い人を好むというのは自然な事です。

恋愛上に結婚という形がある事が理想ですが、40代の今まで恋愛できていないのであればこの先も自然な形で恋愛するというのは難しいかもしれませんし、そうこうしているうちにさらに歳をとってしまいます。

 

先ほども書きましたが、40代の既婚女性のうち40代で結婚したのは、たった12%程度なのです。

それだけ40代で結婚する事は難しいという事ですし、人生は長いようで短いので、身の丈にあった方法で、できるだけ効率よく結婚相手を探すのが堅実といえます。

 

40代独身女性におすすめな婚活サイト

オーネット公式HPより引用

40代独身女性が効率よく結婚相手と出会う方法としておすすめなのは、婚活サービスの利用です。

婚活サービスを利用する会員は、最終的に結婚を望む人たちです。

一般的な出会いから恋愛に発展したとしても、付き合った相手が結婚を意識しているとは限りません。

 

婚活サービスを利用する会員は、結婚を意識した上で出会いを求めているので結婚に繋がりやすいのです。

以前は結婚相談所という名称が一般的でしたが「婚活」という言葉が定着してからは、婚活サービスといいう呼び方の方がしっくりくるみたいですね。

 

婚活サービス(結婚相談所)は数多くありますが、

結婚相手探しに特におすすめなのがオーネットです。

オーネット公式HPより引用

オーネットをおすすめする一番の理由は、歴史ある知名度のあるサービスだけあって、業界最大級の会員数(45000人の会員数)を誇ります。

会員数は、多ければ多いほど結婚相手が見つかる可能性が高くなります。

オーネット公式HPより引用

オーネットでは、コーディネーターが双方の条件を元にマッチングする「データマッチング」の他、自分自身でプロフィールデータや写真付きプロフィールの見た目から相手を検索するオンラインシステムがあります。

オーネット公式HPより引用

自宅にいながらオンラインで相手を探せるのはいいですよね!

その他にも会員限定で行われる婚活パーティーや、コーディネーターに相談して、お見合いする方法もあり充実していますよ。

まずはチャンステストを無料で診断してみましょう♪

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?

40代独身女性の実家暮らしは痛い?まとめ

独身女性

40代独身女性の実家暮らしは痛い?という事で、アラフォー独身女性が周囲から持たれがちなイメージや痛いと思われてしまう理由などを調査し紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実はアラフォー独身女性に限定される事ではなく、「痛い」と思われる要素は性別や年齢問わず全ての世代に当てはまるのではないかと思います。

 

年齢を重ねると「歳だから仕方がない」と割り切るべき事もあれば、諦めてはいけない事があります。

結婚したい場合は、効率的な婚活をして恋愛する相手をまず見つけましょう!

あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます

こっそり婚活、する?