ダイエット

40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法はある?我慢しないダイエットのコツを紹介!

お酒を飲んでも痩せる方法トップ

「酒太り」という言葉があるように、一般的にお酒は太るというイメージがあります。

ダイエットはしたいけどお酒はやめられない!という女性も多いのではないでしょうか?

今回は40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法はある?我慢しないダイエットのコツを紹介!と題し、お酒を飲んでも痩せる方法を紹介します。

 

40代女性というとお酒を飲まなくても太る世代です。

それなのにお酒を飲んでもできるダイエット法なんてあるのでしょうか?

毎日、好きなお酒を飲んでも痩せる方法があるならば、私が知りたいくらいなのでさっそく調べて行きましょう!

 

40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法はある?

40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法はある?

40代は何もしなくても、太りがちな世代です。

特に毎日のようにお酒を飲む女性は、端から見ても太っているという人も多かったりします。

しかし、中にはお酒好きなのにキレイで痩せ体型の女性っていませんか?

 

40代女性がお酒を飲んでもキレイに痩せる方法はあるのでしょうか?

先に結論から言いますと、お酒を飲んでも痩せている女性がいる事からもわかる通り、お酒を飲みながらダイエットする方法はあります。

 

調べてみるとお酒を飲んでも太りにくいコツをいくつか見つけました!

お酒を我慢せずに痩せるまでは難易度が高いとしても、今以上に太らなくて済むならば嬉しいですよね?

では、さっそくお酒を飲んでもできるダイエットのコツを紹介していきましょう。

お酒を我慢しないダイエットのコツ5選

お酒を我慢しないダイエットのコツ5選

ダイエットはしたいものの、好きなお酒をやめることが辛い女性は想像以上に多いかもしれません。

一日頑張ったあとのご褒美的に晩酌が楽しみという人も多いと思います。

 

「酒太り(さけぶとり)」という言葉がある通り、お酒は太るというイメージしかありません。

しかし、お酒の飲み方を正しく理解することで、健康的にダイエットできる方法がありそうです。

 

にわかには信じがたい話ですが、実際に「お酒を飲みながらダイエットに成功した!」という人もいます。


お酒を飲む人の中には「太るから食べない」といって、ごはんどころかおつまみすらあまり食べずにお酒を飲むことに徹する人がいますが、普通に肥満になりそうです。

お酒をたくさん飲める女性というのは、意外と男性よりも多い気もしますし、「ざる」ではなく「枠」と言われてしまうくらいの酒豪も多いです。

 

普通に考えても肥満になるどころか体にも悪そうですが、実際に二日酔いにはならずとも、翌朝顔がむくんだりしてるのを見かけます。

40代女性が太りやすい原因は、代謝が落ちることやホルモンバランスの乱れです。

 

お酒を飲みながらも代謝を上げることを意識したら「太りにくく痩せることに繋がるのではないか?」という気がしてきました。

というわけで、お酒を我慢しない上手な飲み方を紹介していきましょう。

適量を守って中性脂肪の増加を防ぐ

適量を守って中性脂肪の増加を防ぐ

お酒を飲むときに太りにくくするためには、中性脂肪の増加をできるだけ避ける必要があります。

中性脂肪は糖質によって上がるため、正しい知識がある人は糖質が含まれる食物を控えると思います。

 

しかし、糖質制限するだけで中性脂肪の数値が上がるのを避けられるわけではありません。

中性脂肪と一言で言っても、肝臓で合成されるものもあれば、飲食によって体の外から入ってくるものもあります。アルコールを飲むと、肝臓でアルコールが代謝されます。ただし、大量のアルコールを飲むと、その代謝に伴って、肝臓での中性脂肪の合成が進み、必要以上に中性脂肪が作られてしまうのです。

引用:https://brand.taisho.co.jp/epadel-t/column/002/

いくら糖質を控えたとしても、アルコールを大量に摂取すると太ってしまうのは、肝臓で中性脂肪の合成が進んで、中性脂肪が作られるからでした。

中性脂肪が多すぎると、腸の血管からあふれ出てしまい、周囲の臓器や血管に徐々に溜まってしまいます。その結果、血液がドロドロになって、血管の壁にも中性脂肪がへばりつき、動脈硬化につながります。動脈硬化が進行すると、血管が詰まったり切れたりしやすくなるため、心筋梗塞や脳卒中になるリスクが跳ね上がるのです。そのため、中性脂肪は適正な数値の範囲でコントロールすることが重要です。

引用:https://brand.taisho.co.jp/epadel-t/column/002/

楽しくお酒を飲みながらダイエットするためにも、体脂肪率の低下も意識し、ほどほどの酒量とバランスの良い食事を心がけましょう。

〆を控えおつまみでビタミンやミネラルを摂取する

〆を控えおつまみでビタミンやミネラルを摂取する

こちらも中性脂肪の話になりますが、お酒を飲む際に一緒に食べる食事にも気を遣いましょう。

先ほど、中性脂肪が増える原因として糖質の話をしましたが、無理なく糖質制限することがベストです。

無理な糖質制限はリバウンドにも繋がりかねません。

 

糖質を多く含む食品として代表的なのは、ごはんやパン、麺類など主食類です。

お酒を飲んだあとにラーメンやお茶漬けなど〆が食べたくなることってありますよね?

お酒を飲んで〆が食べたくなってしまうのは、意外にも当たり前の状態みたいです。

 

アルコールは肝臓で代謝されますが、アルコールの代謝が最優先されるので、血糖値が下がっても肝臓からブトウ糖が放出されないという状態に陥ります。

これによって低血糖になり、脳が「エネルギーを取り入れないと!」と勘違いしてお腹が空くんだそうです。

アルコールには食欲が増進する働きがある為
高カロリーな揚げ物や脂肪の多い肉類などは避け、刺身やサラダ・酢の物
などの低エネルギー食品を選ぶようにしましょう。
特にアルコールによってビタミンやミネラルが失われやすいので、
お浸しや和え物などの野菜や海藻類と肝臓がアルコールを代謝する時に
使われるたんぱく質を含む冷奴や枝豆などの豆類を使ったものがお勧めです。

引用:https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/eiyobu/blog/tjoimi0000001jjz.html

メニューを選んでビタミンやミネラルを補うことが必要ですね。

また、アルコールによって肝臓は大きくダメージを受けるので、オルチニンやタウリンを含む食材も一緒に摂ると、肝臓の働きを助けたり保護する効果があります。

お酒を飲むときだけでなく日々の食生活にも取り入れると良いですね。

お酒と共に積極的に摂取したい食材

お酒と共に積極的に取りたい食材

お酒を飲むときに積極的に摂取したい食材は、上でも紹介したたんぱく質、ビタミン、ミネラル、オルチニン、タウリンです。

これらを多く含むおすすめ食材を具体的に紹介していきましょう。

 

【たんぱく質】
肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品

【ミネラル(カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛)】
アボカド、そら豆、枝豆、ルッコラ、パセリ、春菊、ぶなしめじ、ごま、いちじく、いちごなど

【ビタミン類】
トマト、ナッツ類、野菜など

【オルチニン】
しじみ、まぐろ、チーズなど

【タウリン】
貝類、いか、たこ、鯵、鯖など

参考記事:https://www.lifesupport-service.com/eiyoujouhou20200821/

各食材には複数の栄養素が含まれます。

代表的な栄養素で分けてみましたが、中にはビタミン類もミネラル類など複数の栄養素を豊富に含む食材もあります。

 

また食材を気にする際には、脂質を摂りすぎないように調理法も気にすると良いでしょう。

食材の調理法によってはカロリーオーバーになり、体脂肪率を上げてしまう可能性があるからです。

食べる順番など食べ方も工夫すると良いかもしれませんね。

お店で食べる直前におにぎりを1個食べてから参加するのもおすすめです。「それだとカロリーを取りすぎてしまうのでは?」と思われたかもしれませんね。実は空腹で飲み会に臨んでしまうほうが、カロリーを取りすぎてしまうのです。

(中略)

飲み会という「戦場」に入る前に、ある程度、空腹感を満たしておくことができれば、えだまめ、キムチやキュウリ、焼き魚、焼き鳥などの低カロリーの食事を冷静に選び、目標達成できるはずです。

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/470915

糖質を減らし、たんぱく質を多めに摂ったりミネラルを補給して代謝を良くすることで、普段の生活でも痩せやすい体質づくりに繋がります。

お腹が空いてしまった場合は、糖質を多く含む主食ではなく上で紹介した豊富な栄養素を含む食材を積極的に摂取するように心がけましょう。

積極的な水分摂取を心掛ける

積極的な水分摂取を心掛ける

お酒を飲んでいると、つい水分を補給している気になりますが、お酒は飲めば飲むほど脱水状態が進むという特徴があるって知ってますか?

アセトアルデヒドは体内で酢酸(お酢に含まれる酸味成分)に分解され、さらに二酸化炭素と水になり、尿や汗、呼気等になって排出されます。
その分解過程で必要となる酵素の働きに、水が必要となります。

引用:https://www.ajinomoto.co.jp/nutricare/useful/insyu/02.html

お酒を飲んだことで利尿作用が促されるのは悪い事ではありませんが、体内が水分不足になることで老廃物の排出も滞った状態になります。

喉の渇きで脱水を感じる前に、必ずこまめな水分補給を心掛けましょう。

ソフトドリンクでは糖質を摂りすぎるので、水分補給に適しているのは常温の水です。

 

俗に言う「チェイサー」ですが、「和らぎ水」とも呼ばれるようにお酒と共に同量くらい飲むのがベストみたいですね。

お茶は利尿作用があるものも多いですし、胃腸の負担を考えても水が良いと思います。

 

水分補給で血中の水分量を上げることは、アルコール分解時に発生する「アセトアルデヒド」の濃度を下げ、二日酔い予防にも繋がります

飲酒中はもちろんのこと、夜もたっぷりと水分補給してから寝るようにしましょう。

お酒の種類を選ぶ

お酒の種類を選ぶ

お酒が好きな人なら「お酒を飲むならもちろんコレ!」という人も多いとは思いますが、お酒を飲んでも痩せるためには、お酒の種類もちょっと気にした方が良さそうです。

お酒を飲んでも痩せるためには、必ず糖質や代謝を意識することが大切ということが、わかっていただけたかと思います。

 

カロリーや糖質については、後ほど一覧表で紹介しますが、まずは糖質が少ないお酒を選ぶようにしましょう。

ウイスキーやブランデー、ウォッカなどの蒸留酒は糖質量はゼロです。

 

基本的にアルコール度数が高くなればカロリーも高くなるので、糖質ゼロでも飲む量が多ければ太ります。

飲んでいるという満足感を得るためにも、炭酸や水で割って飲むのがおすすめです。

 

女性が好きなカクテルは、ベースに使うお酒が蒸留酒でも、糖質の多いジュースなどで割るのでダイエットには不向きなお酒です。

また、リキュール類や果実酒も糖質を多く含むので避けた方が無難です。

ヤケ酒は禁止!

ヤケ酒は禁止!

40代は仕事や子育てなど、仕事や暮らしのストレスが溜まりやすい世代ですが、ストレスをお酒で発散することは危険です。

「ヤケ」は漢字で書くと「自分を棄てる」と書きますが、自分を棄ててお酒を飲むと暴飲暴食になりますし、依存症にも成りかねません。

 

暴飲暴食は百害あって一利なしです。

アルコールに関して1日20g(日本酒に換算して一合程度)の摂取が望ましいとされています。「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ」という言葉もあるとおり、アルコールをたくさん飲める人でも、1日にその程度の飲酒量が望ましいということです。

引用:http://www.seikatsusyukanbyo.com/main/yobou/02.php

最新の情報では、「少食」「少酒」が生活習慣病に必須だとされているので、その逆は生活習慣病発症を促してしまうということです。

身体に悪い事は、ダイエットにも向きません。

 

ストレスは脂肪の分解や代謝の乱れを引き起こし、脂肪を体内にため込みやすくしてしまうことが理由だと言われています。

ストレスで体脂肪が増えると、当然、太ってしまいます。

 

ストレスを発散することは大切ですが、お酒や飲食ではなく別の方法で解消するのが良いと思います。

糖質オフのお酒で痩せる!

糖質オフのお酒で痩せる!

糖質を減らすことが、健康に良いということは周知だと思いますが「糖質オフ」や「糖質ゼロ」の製品が健康的に痩せることに繋がるとは限りません。

健康を意識している人が選びがちな「糖質オフ」や「糖質ゼロ」製品は、実は逆効果という説があるんです。

 

それが本当だとしたら、各メーカーは何故そんなものを発売しているのでしょうか?

簡単に言うと糖質制限ブームで「売れるから」だと思います。

糖質オフという売り文句通りに、糖質は減っていたりゼロだったりするので製品的にはなんの問題もありません。

 

ただ、それが身体に良いか悪いかはまた別の問題なんです。

糖質オフ製品については後ほど詳しく紹介しますが、まずはお酒のカロリーと含まれる糖質を一覧表でご覧ください。

お酒のカロリーと糖質一覧

お酒のカロリーと糖質一覧

それではお酒を飲む時に気にしたい、カロリーと糖質を一覧表で紹介していきましょう。

お酒の種類カロリー糖質
ハイボール(200ml)
ウイスキーシングル(30ml)
ブランデーシングル(30ml)
70kcal0
ウォッカシングル(30ml)72kcal0
赤ワイン、白ワイン(120ml)88kcal赤ワイン:1.8g
白ワイン:2.4g
ロゼワイン(120ml)93kcal4.8g
紹興酒(90ml)115kcal5g
レモンサワー(200ml)120kcalレモン半分に4.8g含有
ビール淡色中ジョッキ(320ml)128kcal9.9g
焼酎ロック1杯(90ml)130kcal0
梅酒ロック1杯(90ml)141kcal18.6g
日本酒1合(180ml)196kcal10g
ビールスタウト中ジョッキ(320ml)202kcal15g

参考サイト:https://zunny.jp/00003169

上からカロリー順のランキング一覧になっています。

ウイスキーや焼酎などの蒸留酒に糖質は含まれていませんが、カロリーはそれなりにあるので沢山飲めば太ります。

特に焼酎はサワーで飲む機会も多いと思います。

 

お酒自体は低カロリーで糖質ゼロであっても、加える物によって太りやすいお酒に変わります。

紹興酒も単体で飲む分には、それほどカロリーも糖質も高くありませんが、ザラメと一緒に飲む場合は注意が必要です。

 

この表の数値はあくまでも目安的な数値なので、同じ種類のお酒でも銘柄によっても誤差はあると思います。

たとえ低カロリー、低糖質であっても飲み過ぎたら太るのは当たり前で、どのお酒もほどほどの量で抑えるように心かげることが肝心です。

糖質オフ商品は実は逆効果!?

糖質オフ商品は実は逆効果!?

次に糖質オフ商品は実は逆効果!?ということで紹介していきましょう。

糖質を抑えた製品は、価格も安く手軽に取り入れることが出来るので購入しているという人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、甘さを補うために添加物として人工甘味料(アセスルファムカリウムなど)が添加されています。

人工甘味料自然界には存在しない化学物質です。

習慣的な摂取は注意が必要です。

通常は、血糖上昇にともなってインスリンが分泌されて糖代謝がはじまりますが、習慣的な人工甘味料の摂取により耐糖能(血糖値を正常範囲に保つ能力)の異常を招き、糖尿病の発症や悪化をもたらす報告が近年増えています。これは、人工甘味料の摂取後に血糖値の上昇が起こらないことが要因とされています。そのため、エネルギーの恒常性が崩れ、脳の反応を介して摂食行動が促進されたり、甘味に関する感覚が鈍くなり、より甘い糖質を多く摂取したりするため、むしろ太りやすくなる、と考えられています。

引用:http://www.iph.osaka.jp/s011/20190823152134.html

人工甘味料には以上のデメリットもあるので、糖質オフ製品はその辺を理解した上で取り入れるのが良さそうです。

プリン体を抑えた製品の代表は、発泡酒や第三のビールと呼ばれるお酒ですが、最近は人工甘味料ゼロの商品もあり人気です。

 

糖質類の心配はありませんが、ビール特有の琥珀色を再現するために添加物としてカラメル色素が添加されている場合が多いです。

カラメル色素の中には、発がん性があるものもあります。

 

糖質やプリン体を抑えた製品を購入する際には、原材料や添加物をチェックするようにしてください。

ワインのダイエット効果とは?

ワインのダイエット効果とは?

以前からワインは健康的なお酒として人気です。

ここでワインがなぜ健康的なのかをおさらいしていきたいと思います。

ワインはカロリーと糖質一覧からもわかる通り、低カロリーで低糖質なお酒です。

 

しかし、健康的なお酒と言われる所以は他にもあり、ワインには積極的に摂りたい栄養素が多く含まれるからです。

以下の表は、100gあたりの主な栄養素の含有量です。

栄養素赤ワインの含有量白ワインの含有量1日あたりの推奨摂取量
たんぱく質0.2g0.1g65g
炭水化物1.5g2g320g
カリウム110mg60mg3000mg
マグネシウム9mg7mg340mg

参考サイト:https://www.euglab.jp/column/nutrition/000517.html

注目すべきは、カリウムやマグネシウムなどミネラル類の含有量です。

1日当たりの推奨摂取量のすべてを補えるわけではありませんが、アルコールの摂取料との兼ね合いも意識ながら、量を加減して飲むことで健康的に飲酒できそうです。

 

さらに、アントシアニンやカテキンなど抗酸化作用があるポリフェノールや鉄分がたっぷり含まれます。

ポリフェノールは赤ワインにより多く含まれています。

 

白ワインにもポリフェノールは含まれ、量は赤ワインには劣りますが体内に吸収されやすいのが特徴です。

色々と嬉しい効果を期待できるワインですが、それでも飲み過ぎは厳禁です。

 

またワインに合う代表的なおつまみはチーズなどですが、カロリーや糖質が高いおつまみと合わせると、結局太るので注意しましょう。

レモンサワーは酒好きの救世主!?

レモンサワーは酒好きの救世主!?

ダイエット中に飲むのならば、糖質がゼロの焼酎を使ったレモンサワーがおすすめです。

お茶や水などで割るのも良いですが、痩せ効果を期待するならばレモンサワーがおすすめです。

代謝が落ちる原因は、有害な「活性酸素」が細胞や臓器を錆びつかせるため。レモンはこのサビをとる「クエン酸」の塊です。クエン酸がサビを取ることで、新陳代謝が上がり、体内の糖をどんどんエネルギーに変える仕組みが動きます。

(中略)

黄色い皮に含まれる「リモネン」という香り物質は食欲抑制にも効果的なんです。ダイエット効果がさらに増加します。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/473421/

レモンには代謝を上げエネルギーに変える効果や、食欲抑制効果もあるんですね!

市販のレモンサワーではなく、レモンを絞った生レモンサワーならより多くの栄養素を含むのでおすすめです。

 

酸っぱいのが苦手な方には、甘いマッコリをお試しください。

マッコリはお米を小麦麹で発酵させた韓国のお酒で、自然な甘さが特徴です。

甘みは強いのですが、ビールよりも糖質が低くて低カロリーで比較的低価格なのも魅力のお酒です。

発酵酒なので、乳酸菌を豊富に含みますし、ビタミンB群やたんぱく質も含んでいるので、代謝も促してくれるので、比較的太りにくく美容にも良さそうです。

飲みすぎを防ぐために、水や炭酸で割っても美味しく飲めますので一度試してみてください。

代謝をあげるための栄養素をしっかりとる

代謝をあげるための栄養素をしっかりとる

お酒は飲み過ぎないことが基本ですが、飲む人ほどより多くの栄養素を摂っておかないと栄養が足りなくなります。

特にアルコールを大量に摂取すると体内の酵素だけでは足りずビタミンB1を大量に消費します。

アルコールを摂取すると体内での分解にビタミンB1が消費されます。たくさん飲めばそれだけビタミンB1も多く消費されるのです。エネルギー産生に必要なビタミンB1が不足すると疲労を感じるようになります。

引用:https://alinamin.jp/tired/topics/09.html

 

お酒を飲むときに一緒に摂ると良い栄養素はこれまでも紹介してきましたが、お酒を大量に飲むと栄養不足になり二日酔いにも影響します。

目が回ったり、頭痛がしたり気持ち悪い事この上ないですよね?

お酒によって疲れがたまってる状態です。

 

二日酔いになってしまった後も、たっぷりと栄養素を取り入れましょう。

怠さや気持ち悪さは、疲労物質が体内に溜まっている事も原因のひとつなので、疲労物質を一刻も速く排出して疲れをとることが重要です。

 

吐き気があると食事をとることも儘なりませんが、そんな時は流動性があるものや胃腸に優しく消化が良いものを食べるのがおすすめです。

なるべく無理せずに必要な栄養素を取ることを心掛けると、いつもより時間がかからずに体が変化していくのを感じると思います。

寝る前にはちみつを摂取する

寝る前にはちみつを摂取する

お酒で悪酔いしにくくしたり、翌日の二日酔いを防ぐ効果のあるはちみつを摂取することもおすすめです。

飲酒の前後や途中の水分補給にも、水やお湯で割って飲むのが良いかもしれません。

血中アルコール濃度を減少させて悪酔いをしないためにはフルクトースとグルコースを含有するすべてのハチミツに効果がありますが、飲酒による胃潰瘍を予防するためにはハチミツの中でもマヌカハニーを摂取する必要のあることが判りました。

引用:http://www.cyclochem.com/cyclochembio/watch/watch_046.html

また二日酔いになってしまった翌朝におすすめなのが、発酵食品の甘酒です。

最近では、疲労回復や美肌など美容にも役立つアイテムとしてキレイを目指す女性たちに注目されている人気食材です。

 

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるように、ブドウ糖をはじめアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

“飲む点滴”とも言われる甘酒は、ブドウ糖をはじめとする単糖や二糖類が多く含まれているほか、アラニンやロイシンなどのアミノ酸、ビタミンB類も豊富です。ご飯よりも消化しやすいため、前夜に食べたものの消化やアルコールの分解に追われる内臓に負担をかけません。

引用:https://jp.sake-times.com/think/health/

甘酒は酒粕由来のものではなく砂糖不使用で米麹を時間をかけて発酵させたものをお選びください。

甘酒は高カロリー・高糖質なドリンクですが、発酵食品ならではの成分が多く健康面への効果もさまざまな研究で明らかになっています。

なので、適量の甘酒は心強いダイエットのサポート役です。

引用:https://kawashima-ya.jp/contents/?p=46809#SEC_02

お酒を飲んだ翌朝に限らず、食物繊維も豊富なので日々の朝ごはん代わりに甘酒を取り入れるダイエットもおすすめなんだそうです。

糖質制限は血糖をいかに上げすぎないかがポイントで、甘酒は忙しい朝でも手軽に欠食を避けるアイテムとして便利です。

 

仕事が忙しくて昼ごはんを食べられない時にも、甘酒はごはん代わりになるアイテムでし、なにより女性としては美肌にも繋がるというのが嬉しいですよね?

非常食にもなりますし保存に便利なミニパックもあり、購入して常温でストックしておけるのもポイントです。

\【30%offクーポン】国産純粋はちみつ 1kg 送料無料 /

40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法まとめ

40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法まとめ

この記事では40代女性がお酒を飲んでも痩せる方法はある?我慢しないダイエットのコツを紹介!ということで、ダイエットに効果的なお酒の飲み方を中心に情報を書いてきましたがどうでしたか?

飲めば飲むほどに、栄養素の補給が必要だということがわかりました。

 

40代はただでさえ代謝が悪くなる世代なので、無理なくできることからはじめ、肥満体質を改善するところから始めましょう。

そして代謝の変化を意識しながら、いつもキレイでいることを目指し、お酒も楽しく飲みましょう!