BTSのメンバー見分け方は?dynamiteやbutterのMVで特徴をご紹介!

BTS BTS見分け方TOP
BTSはよく知らなくても、dynamite(ダイナマイト)を聞いた事のない人は少ないのではないでしょうか?
昨年から、大々的に体育祭や学園祭は行われていませんが、学校で『dynamite』で踊ったというお子さんも多いでしょう。

 

『dynamite』は2020年8月にMVが公開され、公開から24時間の最多再生回数1億110万回という記録を出しました。
2021年5月21日に新曲『butter』(バター)のMVが公開されたのですが、『dynamite』の24時間の再生回数を上回る1億820万回という新記録を出しました。

 

総再生回数は、2億4000万回数に届きそうな勢いです。(2021年5月28日現在)

今回は、BTSのメンバー見分け方は?dynamiteやbutterのMVで特徴をご紹介!という事で、MVの登場順にメンバーの見分け方を紹介していこうと思います。

 

BTSのメンバー【dynamite】ダイナマイトMVの登場順は?

BTSのメンバー【dynamite】ダイナマイトMVの登場順は?という事で、『Dynamite』のMVの出場順を紹介していきましょう。

その前にBTSは元は、最初の正式名称だった防弾少年団の英語圏向けの呼び方でしたが、現在ではBTSという名称が通称として定着しています。

 

防弾少年団をハングル表記すると방탄소년단(バンタンソニョンダン)なので、韓国では略称で『バンタン』と呼ばれます。

またBTSは、「Bangtan Sonyeondan」からきているのですが、後付けで「Beyond The Scene」という意味が込められる事になっています。

 

なかなか難解です(笑)

さて本題に入りまして『Dynamite』のMV登場順にメンバーを紹介していきましょう!

尚、基本的に個人のアップショットの順番で書きます。

ところどころにチョイ出したり、複数で出ているところは省きます。

 

  1. 最初の指バーーン!はジミンです。
  2. 曲スタートと共に牛乳飲みながらジョングク登場!
  3. 場面が変わって、シルバーヘアーのRM登場!(ラップモンスターですよ
  4. 黒縁色メガネのJ-HOPE登場!
  5. サビでジョングクに戻ります
  6. ドーナツ店前でジミンが「♪きらめかせながら ダイナマイトのように」と歌いながらのソロダンス
  7. 2番スタートと共にお待たせVの登場!
  8. 「レディース&ジェントルマン」と言いながらRM兄さん再登場!
  9. バスケットコートでSUGAダンス
  10. 再び、今度はレコード屋さん前のジミンちゃん みんな揃ってディスコダンスだ!ジャンボだって飛んでくぜ!
  11. やっと長男のJINくんがセンターで登場!
  12. グクちゃんがジミンちゃんをおんぶしました みんなで楽しく踊っちゃうよ
  13. ベレー帽とサングラスで決めたVのアップで終了

 

カンタンに場面の説明を入れながら登場順に記してみましたので、MVと合わせてご覧いただけると幸いです。

続きましては、新曲『Butter』のMVを見ながら、更に詳しくメンバーを見ていきたいと思います。

 

BTSのメンバー【butter】バターMVの登場順は?

まずは、『Butter』のMVからご鑑賞ください。

韓国の歌手は最初から海外進出を狙って活動を行っていくのが主流です。

何故なら、韓国内だけでは音楽市場が限られるため、商業性を考えると国外に出ていく事が必須なんです。

 

ヒップホップグループとして2013年にデビューしたBTSは変化し続け、ダンスシーンに力を入れ始めたMVを制作しはじめた2015年頃から世界的に注目されるようになります。

この頃からビルボードチャートにも入るようになりました。

前作の『Dynamite』から英語の歌詞になり、今回の『Butter』も全編英語の楽曲になります。

 

『Dynamite』は惜しくも受賞は逃したものの、グラミー賞にノミネートされました。

恐らく『Butter』でまたグラミー賞を狙っていくのではないかと思われます。

BTSが所属する「Big Hit Entertainment」は、BTSの飛躍と共に事務所も大きくなりました。

 

「Big Hit Entertainment」は、2021年3月に「HYBE」に社名変更し、所属アーティストたちは新たに新設されたレーベル「BIGHIT MUSIC」所属となっています。

BTSの他にはTXT(TOMORROW X TOGETHER)らが所属しています。

 

BTSは、アイドルという枠を越え、みんなで作品を創り上げていくというスタイルです。

RMやSUGAを中心にメンバーは、音楽プロデューサーや作詞家、作曲家としても自分たちの楽曲に参加しています。

 

『Butter』のMVではメンバーたちがそれぞれ自分の名前と数字が書いてあるプレートを持ってる場面があります。

その場面を見れば、メンバーの見分けはバッチリわかると思うのですが、『Butter』の方も『Dynamite』同様に登場順で紹介していきましょう!

 

BTSのメンバー見分け方や特徴は?【butter】登場順で紹介!

butterのジャケ写

引用:https://www.wowkorea.jp/news/

まず、『Butter』という楽曲についてですが、アメリカのビルボードチャートのBillboard100で1位に輝いた『Dynamite』に続く全編英語の楽曲という事でも注目されています。

ハート型のバターが溶けています。

 

『Butter』のリリース記者会見ではジミンさんが「Butterのように柔らかく溶けて 君の心を掴みたい かわいい告白ソングだと思って頂ければ」と言ってました。

色々と深読み考察をする方もいらっしゃいますが、基本的には心地いいディスコチューンとしての認識で良いと思います。

 

サマーソングという事なので、『Butter』と共に今年の夏を楽しみましょう!

全部で3分ちょっとの短めの楽曲ですが、マイケル・ジャクソンの「スムース・クリミナル」のオマージュと言われる歌詞からスタートします。

今回も曲はじまりは、ジョングクさんからのスタートです。

 

『Butter』は、K-POPアイドル達の英語曲を多く手掛けるロブ・グリマルディさん、スティーブン・カークさんなどの外国人が主要作詞、作曲家として参加しています。

それに加えてBTSメンバーもプロデュースに参加しています。

 

特にラップ部分はRMとSUGAがBTSにしっくりくる感じに書き換えたそうです。

BTSは主に韓国の他に日本とアメリカをメインに活動しています。

BTSを愛してくれるファンの好みに合わせて音楽スタイルも変化させていくのもBTSのスタイルの特徴ですね。

 

変化しつつも、メンバーそれぞれが役割を果たし個人としても確立しているので、変化しても揺らがないポリシーが見えるところが素晴らしいところだと思います。

アメリカにはアメリカで好まれるアイドル像があり、日本には日本で好まれるアイドル像があるので、K-POPという括りに拘らない柔軟な活動が世界中で愛される秘密なのでしょう。

 

それでは、BTSのメンバー見分け方や特徴は?【butter】登場順で紹介!という事で、BTSメンバーの特徴やMV上に登場するプレートの数字の持つ意味もあわせてご紹介していきましょう。

MVでエレベーター内のダンスシーンはメンバーが即興で踊ったものを起用したそうなんで、そこも意識しながらご覧ください。

 

butterバターMV登場順①:JUNG KOOK(ジョングク)

プロフィール

  • 本名:チョン・ジョングク(전정국)
  • パート:メインボーカル/リードダンサー
  • 生年月日:1997年9月1日
  • 血液型:A型
  • 身長・体重:178cm・61kg
  • 出身地:釜山広域市
  • ButterMVのプレート数字:110604 → グクがソウルに上京した日

 

特徴

2019年の『世界でもっともハンサムな顔100人』(映画評論サイトTC Candler)で1位、2020年のランキングでは2位に輝くほどのイケメンで、BTSメンバーの中ではVと並ぶヴィジュアル担当です。

『Dynamite』でも『Butter』でも一番最初に歌唱しているのがジョングクです。

 

『Butter』のMV時は、メンバー内で一番長いヘアスタイルでブルーのカラーリングが施されています。

BTSメンバー内では一番年下で、歌もダンスも運動神経も優れているので『黄金マンネ』と呼ばれています。

メインボーカルを務めているのでMVの登場回数もおそらく一番じゃないかと思われます。

 

右手の甲から腕、肩にかけて数々のモノクロのタトゥーが刻まれています。

普段は長袖の衣装から手の甲に刻まれたタトゥーが少し除くくらいですが、実は腕にはビッシリと色々な言葉が刻まれています。

 

手の甲には、MP関節部(第3関節)にはBTSのファンを示すARMYの文字も確認できますので気になる方が目を凝らして見てみてください!

 

butterバターMV登場順②:V(ヴィ)

プロフィール

  • 本名:キム・テヒョン(김태형)
  • パート:サブボーカル/リードダンサー
  • 生年月日:1995年12月30日
  • 血液型:AB型
  • 身長・体重:178cm・61kg
  • 出身地:大邱広域市
  • ButterMVのプレート数字:000001 → 「1位を獲る」という意味

 

特徴

『Butter』でジョングクの次に歌唱するのが、Vです。

 

Vはテヒョンやテテと呼ばれる事がありますが、ジョングクと同じくBTSのヴィジュアル担当です。

Vもまた『世界でもっともハンサムな顔100人』の常連で、2017年、2020年、2021年第1位に輝いています。

このコンテストに殿堂入りがあるかどうかは知りませんが、殿堂入りしていいくらいですね。

 

Vの髪色や髪型はその時によって変わりますが、『Butter』のMV撮影時はノーマルなブラウンカラーでした。

が!『Butter』リリース記者会見に登場した時のテテは、トイプードルのようなパーマヘアにチェンジしてます。

 

なんでも、前からやってみたかった髪型だそうですが、元々キュートなイメージのVなのでとても似合っていると思います。

見た目の可愛らしさに反してVは声がグループ内で一番太いのが特徴的です。

たぶん、BTS初心者でも歌声もVはわかりやすいと思います。

 

低音だけでなく高音まで広い音域というのもVの特徴ですね。

ソロ活動も行っていて、俳優としてドラマ『花郎』に出演したほか、ドラマ『梨泰院クラス』のOSTにも『Sweet Night』という曲で参加しています。

『Sweet Night』は、作詞・作曲も手掛けています。

 

『花郎』『梨泰院クラス』に共通する方といえば、パク・ソジュンさんです。

パク・ソジュンさんの事はヒョン(兄)と慕う仲で、Vさんはパク・ソジュンさんチェ・ウシクさんを中心に結成されたウガ会のメンバーの一員です。

ウガ会のメンバーは他に、パク・ヒョンシクさんやPeakboyさんがいます。

 

butterバターMV登場順③:JIN(ジン)

プロフィール

  • 本名:キム・ソクジン(김석진)
  • パート:サブボーカル/リードダンサー
  • 生年月日:1992年12月4日
  • 血液型:O型
  • 身長・体重:179cm・60kg
  • 出身地:京畿道安養市
  • ButterMVのプレート数字:655212 → ランダムに打った数字なので特に意味はないようです

 

特徴

ジンは、BTS最年長です。

しかし、実際の家族構成は末っ子の上、キャラクターも限りなく天然なのでグループ内ではヒョンと呼ばれながらも年下から末っ子的な扱いをうける事も多いです。

 

ひょっとするとMVでは一番目立たない存在かもしれませんが、ライブのMCなどにも定評があります。

MVだとその活躍が伝わらないのが残念です。

『Butter』のMVでは、メンバーたちがプレートを持ってる場面での歌唱を担当しています。

 

BTSのムードメーカー的な存在で、自らを「ワールドワイドハンサム」と呼んだり、頻繁に投げキッスをするなどおちゃらけて場を盛り上げてくれる存在です。

また、食べる事が好きでV LIVEに『EAT JIN』というモッパンチャンネルを持っています。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

butterバターMV登場順④:JIMIN(ジミン)

プロフィール

  • 本名:パク・ジミン(박지민)
  • パート:リードボーカル/リードダンサー
  • 生年月日:1995年10月13日
  • 血液型:A型
  • 身長・体重:173.6cm・60kg
  • 出身地:釜山広域市
  • ButterMVのプレート数字:141018 → 初めてコンサートを行った日

 

特徴

ジミンは、『Butter』で説明するよりも『Dynamite』のMVで説明した方がわかりやすいのですが、一番最初に「バァーン!」と指鉄砲をやってるのがジミンです。

ジミンは、短髪でスタイルは微妙に変わりますが、金髪系の明るめのカラーリングをしている事が多いです。

 

『Butter』での髪型は、真っ白な衣装に映える2ブロックの金髪で、フロント部だけ薄いパープルが差し色で入ってます。

2回目のサビ部分でセンターがジミンなのですが、その時はオールバックにしていたフロントをダウンしたスタイルに変化しています。

 

瞼が重めの横長一重の目が一番の特徴です。

小道具に色メガネや大ぶりで華やかなイヤーアクセサリーをつけたり、メイクも含め全体的にフェミニンな印象です。

日頃からオシャレにもこだわるタイプでBTSのファッショニスタです。

 

ジミンはジンと共に高音部を担当する事が多いですし、声も特徴的なので慣れるとわかりやすいメンバーだと思います。

 

butterバターMV登場順⑤:SUGA(シュガ)

プロフィール

  • 本名:ミン・ユンギ(민윤기)
  • パート:リードラッパー
  • 生年月日:1993年3月9日
  • 血液型:O型
  • 身長・体重:174cm・57kg
  • 出身地:大邱広域市
  • ButterMVのプレート数字:384627 → JIN同様のランダムな数字

 

特徴

『Butter』のMVでは、2回目のサビおわりにグリーンのTシャツ姿でかっこいいラップで登場します。

SUGAは、ジンと同じ学年のみんなのお兄さん的存在です。

13歳の頃からMIDIを使用して音楽制作をはじめたSUGAは、BTSデビュー前はインディーズで音楽活動をしていたこともありました。

 

その経験もあり、BTSではリーダーRMと共に音楽プロデューサーとしても積極的に参加しています。

元々、所属事務所にはプロデューサーになろうと思って入ったようです。

メンバー1色白のSUGAの芸名の由来はシュガー(砂糖)から来てるとかいないとか?

そんな色白のSUGAは、真っ黒なくまモンが大好きで、くまモンに会った際には超テンションがあがってました。

 

メンバー内では一番クールで無口なイメージですが、実はトーク力は抜群でジンと共にMCには定評があります。

 

butterバターMV登場順⑥:RM(アールエム)

プロフィール

  • 本名:キム・ナムジュン(김남준)
  • パート:リーダー/メインラッパー
  • 生年月日:1994年9月12日
  • 血液型:A型
  • 身長・体重:181cm・64kg
  • 出身地:京畿道高陽市
  • ButterMVのプレート数字:201904 → グラミー賞にノミネートされた日

 

特徴

『Butter』のMVでは、2回目のサビおわりにSUGAのあとにラップで登場します。

RMのラップを中心に、メンバーが人文字で「ARMY」の文字を形成するのもお見逃しなく!

「ARMY」(アーミー)とは、BTSのファンの呼び方で、韓国のアイドルグループのファンたちには何かしら呼び方があるのが常です。

 

ARMYは、その名の通り『防弾少年団』に関連して軍隊という意味もありますが、「Adorable Representative MC for Youth」(若者を代表する魅力的なMC)という造語という事です。

RMはBTSメンバーの中で最も高身長で、IQが高く英語もペラペラなので英語圏でのインタビューなどはRMが通訳となる場面もあります。

 

一番最初に所属事務所に入ったメンバーで、BTSの頭脳派リーダーとして他メンバーを牽引する存在です。

デビュー当時はラップモンスターという名前でしたが、途中で頭文字をとって「RM」に改名しています。

 

butterバターMV登場順⑦:J-HOPE(ジェイホープ)

プロフィール

  • 本名:チョン・ホソク(정호석)
  • パート:メインダンサー/リードラッパー
  • 生年月日:1994年9月12日
  • 血液型:A型
  • 身長・体重:177cm・59kg
  • 出身地:光州広域市
  • ButterMVのプレート数字:660660 → 韓国のポケベルで「キス」を表す数字

 

特徴

いよいよラストに登場するのは、J-HOPEです。

『Butter』のMVでは、最終ラップの部分で登場です。

メンバー1面長なのが特徴で、『Butter』に合わせて髪色もバター色にチェンジしました。

MVの最後でバターをぱくんとするのがJ-HOPEですが、メンバーきっての陽キャかもしれません。

 

常に明るくメンバーを盛り上げているイメージがあります。

そして、BTSではメインダンサーという位置にいますが、実際にメンバーで一番ダンスがうまいとメンバーたちにも言われています。

MVではTOPで歌うイケメン弟ライン(ジョングク&V)に注目しがちですが、J-HOPEのキレッキレダンスにもぜひ注目してみてください。

 

BTSのメンバー見分け方まとめ


BTSのメンバー見分け方は?dynamiteやbutterのMVで特徴をご紹介!という事で、2つのMVを通してメンバーをできるだけわかりやすくお伝えしてきたつもりですが、どうでしたか?

掘り下げれば掘り下げるほど魅力たっぷりなBTSですが、来る6月13日(日)と14日(月)にオンラインライブストリーミングが開催される予定です。

 

なかなか直接会う事ができない時ですが、『Butter』をリリースしてからの初ライブに期待が高まりますね!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

BTS見分け方TOP
最新情報をチェックしよう!