3時のヒロインかなでのプロフィールは?実家が金持ちでお嬢様と話題に!

2019年、女芸人NO.1決定戦「THE W」で3代目チャンピオンに見事輝いたのは「3時のヒロイン」です。

「3時のヒロイン」は福田麻貴、ゆめっち、かなでの3名で活動している女性芸人トリオですが、かなでさんのソロで活動している姿もよく見られます。

ふっくらした体型と可愛らしい顔立ち、それに「あっは~ん」のネタがなんともクセになりますね。

女芸人の中では現在特に注目されている一人なのではないでしょうか。

 

今回はそんな3時のヒロインかなでさんのプロフィールをご紹介。

また、実家がお金持ちでお嬢様なのでは?と話題になっていますね。本当のところはどうなのでしょうか。

3時のヒロインかなでさんのプロフィールと合わせて、実家がお金持ちでお嬢様なのか、父親はどんな職業なのかをまとめました。

 

3時のヒロインかなでのプロフィールや学歴は?

まずは3時のヒロインかなでのプロフィールや学歴は?ということで、かなでさんのプロフィールから見ていきましょう!

 

3時のヒロインかなでのプロフィール

  • 本名:上田 奏(うえだ かなで)
  • 芸名:かなで
  • 生年月日:1992年6月10日
  • 星座:ふたご座
  • 体重:112kg
  • 身長:158cm
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • 特技:クラッシックバレエ・ヒップホップダンス
  • 好きな歌手:嵐の二宮和也 ファン歴15年
  • 担当:ボケ

3時のヒロインかなでさんは1992年生まれの現在29歳。

少し前まで体重は105kgとされていましたが、最近はますます大きくなられたようで112kgになってました。

2021年4月の渡辺直美さんの体重が110kgらしいので同じくらいでしょうか。

 

嵐の二宮和也さんの大ファンで、二宮和也さんの誕生日にはひとりで誕生日ケーキを買ってお祝いされていたほど。

 

特技はクラシックバレエで、幼少の頃より10年間クラシックバレエをされていました。

クラシックバレエを辞めてからも、ダンスはずっと続けていたようです。

 

その結果がコレ。見て下さい、ダンスがキレッキレです。

この体型でこの動き。いつまでも見ていられそうです。

クラシックバレエというとほっそりとした体型を連想しますが、当時からぽっちゃりされていたのでしょうか。

 

3時のヒロインかなでの学歴は?

高校時代の写真が公開されていましたが、かなでさんの出身校はわかりませんでした。

紺色のブレザーの高校なのですね。

高校時には既にぽっちゃりされているので、もしかしたらもうクラシックバレエはされていないのかもしれません。

仮に15歳くらいまでクラシックバレエをされていたとすると、5歳くらいから始めたことになりますね。

 

大学は、女優を志し桐朋学園芸術短期大学へと進学。

東京都調布市にある短期大学で演劇や音楽を専門としています。

大学へは実家から通っていたようです。

 

この桐朋学園芸術短期大学は、今は亡き有名な演出家・蜷川幸雄さんが名誉教授として在籍していらっしゃいました。

蜷川幸雄さんが他界された際には、かなでさんも追悼の意を表明されています。

 

3時のヒロインかなでの経歴は?

女優を志して桐朋学園芸術短期大学へと進学されたかなでさん。

そう、最初は芸人ではなく女優になりたかったのだそう。

短期大学を卒業された後は、女優として活動されています。

 

女優として活動しているとき、演技で笑いを取れたのが楽しくて芸人へと転向します。

そして、東京NSCに20期生として入学。

 

かなでさん、芸人への転身後もちょくちょく女優の活動はされていたようですね。

 

東京NSCに入学してからは同期のこうせいさんとハラペコパンジーというコンビを結成します。

この二人は、コンビでありつつ恋人でもありました。

仲の良さそうな写真もありますよ。

 

しかし2014年12月には二人は別れてしまい、ハラペコパンジーは解散。

かと思いきや、2015年8月に復縁してコンビ再結成!

そして2016年4月にまた別れてコンビ解散です。

 

解散後の2017年1月1日に、「3時のヒロイン」を結成!

福田麻貴さん、ゆめっちさんとトリオで活動を始めます。

福田麻貴さん、ゆめっちさんは大阪NSCの所属でもともと知り合いだったそう。

かなでさんは吉本主催のワークショップで2人に出会いトリオ結成となりました。

 

では、解散した相方のこうせいさんはどうなったのでしょうか?

どうやら飲食店の経営者として頑張っていらっしゃるようですよ。

 

 

3時のヒロインかなではバイトをしている?

3時のヒロインかなでさんは、2017年5月から「ムチぽちゃメイドカフェShangrila」でバイトを始めます。

ハラペコパンジーを解散して、3時のヒロインとして活動を始めたばかりの頃ですね。

 

シャングリラが発信するもの、
それは「ぽっちゃりは『萌え』の原点である」という概念。
“ぽっちゃり女子”は、男性が、 「女性らしさ」や「母性」「癒し」などを
イメージしやすい存在であり、『萌え』の原点とも言える存在です。

そんな“ぽっちゃり女子”がメイドとなって『萌え』と『元気』を振りまきながらお給仕するメイドカフェ、それが「シャングリラ」なのです☆

引用元:http://shangrila-akiba.jp/

ぽっちゃり女子に癒やしを求める方のためのメイドカフェのようですね。

ここでかなでさんは「速水丼」として働いています。

 

2019年12月の女芸人NO.1決定戦「THE W」で優勝してからは、ほぼ給仕できていないとのこと。

活躍の場が増えて、一気に忙しくなってしまったようです。

 

「ムチぽちゃメイドカフェShangrila」には、現在もまだ「速水丼」の名前が残っています。

なかなかバイトに入る時間はないようですが、今後もお店に出る気があるということなのでしょうか?

メイドカフェに行ってかなでさんが接客してくれたら、ファンには嬉しいでしょうね。

 

3時のヒロインかなでは実家がお金持ちでお嬢様?

3時のヒロインかなでさんは、実はお金持ちでお嬢様?との噂が流れています。

その噂はどこから流れてきたのでしょうか。

かなでさんがクラシックバレエを10年間習っていたことは知られていますが、実はクラシックバレエってすごくお金がかかるのです。

 

どのくらいかかるのか、ざっと計算してみます。

まずは月謝ですが、東京都では月に1万~2万円が相場のようです。

子どもの習い事にしては少し高いかな?という感じですね。

 

そして時々行われる発表会。実はこれがけっこうな金額になります。

出演料・衣装代・メイク代・舞台スタッフの人件費・会場に飾る花代・食事や交通費・・・などなど自己負担金はかなりのもの。

一回の発表会で10万円以上は飛んでいくようです。

 

バレエ教室によって発表会の頻度は異なりますが、年に一度くらいが相場のようです。

月々の月謝&発表会。それにシューズや練習着などの消耗品の調達。

それを10年間続けていたとなれば、3時のヒロインかなでさんはお金持ち?と噂されるのも納得です。

 

3時のヒロインかなで実家の父の職業は?

3時のヒロインかなでさんの幼少期の写真がありました。とても可愛らしいですね。

かなでさんのお父さんの職業は大学教授だとかなでさん自身がテレビの中で発言されています。

 

この中で語られているお父さんにまつわるエピソードは、かなでさんが吉本坂46のオーディションに応募した時の話。

なんとお父さんは大学教授の立場をフル活用してPC80台を使い1日に80件の投票を行っていたとのこと。

なかなか衝撃的なエピソードですが、かなでさんへの愛情をひしひしと感じます。

 

ちなみにかなでさんの家族構成は、お父さん・お母さんの他にお姉さんもいます。

お姉さんが細眉にしてしまったときには、お父さんは怒りで大爆発したそう。

家族愛がとても深い人物のようです。

 

3時のヒロインかなでのプロフィールをまとめ

3時のヒロインかなでさんのプロフィールを紹介しました。

 

幼少期からクラシックバレエを習っており、ダンスがキレッキレ。

もとは女優を目指して桐朋学園芸術短期大学へと進学しましたが、今は芸人として大活躍中。

「ムチぽちゃメイドカフェShangrila」には現在も在籍しています。

 

ダンス・お笑い・演技と多才な3時のヒロインかなでさん、今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

3時のヒロインかなでプロフィール
最新情報をチェックしよう!