MENU
恋愛・結婚・お悩み

マッチングアプリは売れ残り女の巣窟!?婚活ベタな女性に共通する特徴とは?

マッチング売れ残りトップ

インターネットが当たり前となった現代では、恋愛の始まり方や形も多種多様化しています。

みなさんの周りでマッチングアプリを活用している方も多いのではないでしょうか?

しかし、マッチングアプリは登録したからといって必ずしも恋愛ができるという訳ではありません。

 

今回は、マッチングアプリは売れ残り女の巣窟!?婚活ベタな女性に共通する特徴とは?という事で、マッチングアプリで売れ残ってしまう女性について色々と調べてみたいと思います。

「他人のフリ見て、我がフリ直せ」

売れ残り女にならないためのコツも紹介していきますので最後までお付き合いくださいね。

 

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

マッチングアプリには売れ残り女しかいない!?

マッチングアプリには売れ残り女しかいない!?

マッチングアプリには売れ残り女しかいない!?という事で、調べてみたところ・・・確かに、そういった意見もあります。

 

 

単なるイメージで「マッチングアプリには売れ残り女しかいない」と思っている方も大勢いらっしゃるようです。

実際に、自然な形で良き相手と出会えないからマッチングアプリに登録したりするので、売れ残りが集まっているというのも間違いではないと思います。

 

売れ残り女も売れ残り男もたくさんいるとは思います。

でも、売れ残りばかり集まるのがマッチングアプリなどの婚活市場という事ではありません。

世の中には、決して売れ残るつもりはなかったけれども、仕事に一生懸命なあまり恋愛は二の次、三の次くらいにしてしまい、気が付けばいい年になっていたという人もいます。

いざ、恋愛しょうと思っても、出会う場所もわからなければ恋愛の始め方もわからないっていう人もいますよね。

 

恋愛経験は少ないけれども、いわゆるハイスペックな人はマッチングアプリ上にももちろんいます。

マッチングアプリ利用者は年々増えている?

マッチングアプリ利用者は年々増えている?については、答えはYESです。

おそらく今後はもっと増えて、やがては誰もがどこかのマッチングアプリに登録しているという時代もすぐそこまで来ているのかもしれません。

 

買い物する際にもあらゆる場所がセルフレジ化されたり、人々が触れ合う場所は極端に減少しつつあります。

今後、学校も職場もどんどんリモート化されていくのかもしれません。

人と人が出会う機会がなければ、友情や恋愛に発展することもありません。

 

さらに「草食系男子」という言葉があるように、恋愛に情熱を傾けない淡泊男子も増えています。

恋愛経験がなければ恋愛ベタになりますし、恋愛ベタ男子が増えると対象となる恋愛できる女子も減ります。

 

そんな男子や女子が成熟し「そろそろ恋愛したい」や「そろそろ結婚したい」と思った時に行きつく先がマッチングアプリなのかもしれません。

以前はオンライン上の恋人探しは抵抗がありましたが、マッチングアプリが流行っているところを見ると、普通の人が普通に利用するものに変わったんだと思います。

マッチングアプリからつながる恋愛

マッチングアプリからつながる恋愛という事で、実際、マッチングアプリから恋愛に発展する事があるのかを調べてみました。

 


結論から申し上げますと、マッチングアプリからつながる恋愛はもちろんあります

マッチングアプリは出会うための手段で、恋愛したいが故に登録している人も多いので当然といえば当然ではないでしょうか?

 

しかし、マッチングアプリ上では、詐欺やらエロ目的で登録している会員も多く存在します。

リアルな出会いにも悪いやつは絶対にいますが、オンライン上ではプロフィールや画像の偽装が容易な分、さらに横行する傾向があります。

 

マッチングアプリに限らず、オンライン上は十分に注意することが必要です。

マッチングアプリもまた出会いの1つの形なので、恋愛、結婚へと発展するカップルも多くいます。

マッチングアプリにもいる勘違いな女性6選

マッチングアプリにいる勘違いな女性

マッチングアプリにもいる勘違いな女性6選という事で紹介してきます。

マッチングアプリで勘違い扱いされてしまう女性は、マッチングアプリを利用しているから勘違い女性という事ではありません。

日常的に勘違い女性だと思ってください。

 

イメージ的には、マッチングアプリ上には非モテな勘違い女性が多いというイメージかもしれませんね。

勘違い女性の定義は個人的な主観も入るのでなかなか難しいですが、勘違い女性は男女問わは同性からも恐らく煙たがられてる存在の事が多いです。

では、具体的な人物像を紹介していきましょう。

なぜか上から目線な女性

なぜか上から目線な女性

上から目線というのは、高飛車な女性、最近の言い方にすると「やたらとマウントを取りたがる女性」といったところでしょう。

男性だけに限りませんが、恋愛する相手に「安らぎ」を求める人はとても多いと思います。

上から目線の女性は「安らぎ」からは、一番遠い存在です。

 

上から目線の人は普段の何気ない会話の端々にもそれを感じると思いますが、それに気づいていない可能性があります。

「そんなことも知らないの?」「それしか持ってないんだ」などの発言は親しき間柄でもムカつきますが、何故だか上から目線の女性は、そういう事ばかりを発言しがちです。

 

心当たりのある方は、男性からだけでなく同性にも嫌われますので、ただちにやめましょう。

自分はさておき高望みな女性

自分はさておき高望みな女性

誰でも交際する相手や結婚相手に理想を求めるのは当然ですが、世の中には自分は何も努力をするわけでもなく、相手に理想ばかりを求める女性がいます。

たとえ理想が高くても、かわいい上に若ければ許される可能性はあります。

連れて歩くだけならば良いですけど、一緒にいることを考えると内面の良さも必要にです。

 

では、若くもなくかわいさも足りない女性はどうでしょうか?

何か取り柄がないと、男性からは見向きもされません。

一般的に昔からあるお見合いでも、女性も男性も一定の年齢を超えると、歳を重ねる毎に価値が下がります。(需要が減ります)

 

マッチングアプリではプロフィールや写真など表面的な事でふるいにかけられます。

高望みな部分が垣間見れたり、言動が打算的だと、勘違い女性認定されてしまいます。

自分はさておきの高望みは、逆の立場で考えてみればわかりやすいです。

 

例えば40代の普通のサラリーマンで見た目も非モテなのに「20代の女性以外は恋愛対象外です」という男性がいたらどうでしょう?

「どの立場でそれを言ってるんだ?」ってムカつきませんか?

男性も一緒で、見た目も人並みで取り柄も特にない女性が、男性の年収や見た目で高望みしているとムカつきます。

服装などが年齢に合っていない女性

服装などが年齢に合っていない女性

自分は「まだまだ若いから」と世代に合っていない若作りすぎる服装などをしていると勘違い女性と思われます。

若い子が好きな男性は若いファッションが好きなわけではなく、年齢が若い子にしか魅力を感じません。

 

年相応でない服装をしていると、実際の年齢を知った時に詐欺と思われる場合もあります。

また、年齢にそれほどこだわりのない男性も、無理を感じる女性には逆に近づかない可能性が大きいです。

常識のある男性は同じように常識のある女性を好みので無理な若作りはやめましょう

 

年齢もですが、その場にあった服装や言葉遣いのできる女性が恋愛市場では選ばれる対象になります。

たとえチャットやメールなどオンライン上の会話であっても、無理して若ぶっている言動なども、シビアな目線で評価されるので注意が必要です。

精神年齢が低すぎる女性

幼すぎる女

先ほども書きましたが、男性が恋愛相手に求める条件で「安らげる人」をあげる人は少なくありません。

男女問わず、一緒に過ごす事を考えたら「刺激を感じる人」よりも「安らげる人」を選択するでしょう。

 

中には「わがままなところがかわいい」と思う男性もいるかもしれませんが、かわいいと思えるのも最初のうちだけです。

精神年齢は年を重ねたら重ねた分、成長するというものでもありません。

若くても精神年齢が高い人もいれば、おじさんやおばさんになっても、子どもみたいな人もいます。

 

そういう人は、恋愛でなくとも勘違いな人と思われがちですが、恋愛市場ではさらに敬遠されるでしょう。

自分の恋愛や仕事がうまく行かない事など、全て周りのせいにしていませんか?

「ろくな男としか出会えない」事を「運が悪い」という事で片づけてる人はいませんか?

 

たまたまつかんだ相手がダメな人だったならば運が悪いのかもしれませんが、何度も同じような出会いを繰り返すならば原因は本人にもあります。

精神年齢が高い人は冷静な判断ができるので、全てを周りのせいにする事は決してありません。

若い男性ばかりを好む女性

NOな女性

世の中には自分の年齢はさておきで、若い相手ばかり好む人がいます。

男女問わず若い人を好む人は多いですが、自分の年齢はさておき、若い相手ばかりにターゲットを絞っていると「勘違い」と思われてしまいます。

 

ある程度、恋愛対象の希望があるのは普通の事かもしれませんが、自分よりも年下の相手に絞りすぎで、それ以外の男性に見向きもしないのはおかしいです。

年齢はあくまでも目安程度にして、年齢で絞らずに自分と合う相手を探す方が自分のためにもなると思います。

恋愛の価値観が古い女性

三高イメージ

「恋愛の価値観が古い」という事の具体例を紹介していたいと思います。

現代の日本は、決して景気の良い国とはいえません。

職に就いていても思ったより給料を貰えないし、なかなか収入が増えないという人も多いです。

 

そんな時代なのに、頑なに「結婚したら専業主婦になりたい」という女性が少なくありません。

女性が専業主婦で人並み以上の生活を送るためには、夫はいくら稼げば良いのでしょうか?

 

専業主婦を望む女性に限って相手の希望年収は「600万以下は考えられない」と言ったりします。

全然いない訳ではありませんが、対象男性はマッチングアプリに登録するまでもなくモテるハズです。

 

では、相手に600万以上の年収を求める女性とはどんな人物像なのでしょうか?

先の生活を見据えたもっともらしい理想のようですが、とても現実的とはいえません。

専業主婦が多かったのは昭和の時代の話で、ひと昔もふた昔も前の時代です。

 

専業主婦希望の女性がいる一方で、いまだに家事は女性がやるものと考える男性もいて、そんな男女が出会えばきっとうまくいくと思います。

しかし少数派なので出会える確率が低く、売れ残りが増えてしまうのだと思います。

結婚できない40代独身女性の記事も参考になりそうなので合わせて読んでみてくださいね。

マッチングアプリで痛い女性と思われないために

マッチングアプリで痛い女性と思われないために

では、マッチングアプリで痛い女性と思われないためにはどうしたら良いのでしょうか?

ひと言で言えば、「きちんと客観視し、現実を見る」ということに尽きるのではないでしょうか?

自分が売れ残りだと認識しているのであれば、その原因を解明する事が先決です。

 

周りなど環境のせいにするのは簡単な事ですが、出会うチャンスの少ないド田舎でも恋愛する人はしています。

多くの人々とすれ違う場所に暮らしながら、出会えない事を嘆いているなら、出会えない原因は自分ですし、変な相手ばかりつかむのも自分のせいです。

 

マッチングアプリに登録しながらなかなか良縁に恵まれないのであれば、登録すべきマッチングアプリが間違っているかもしれないし、プロフィールや、やり取りに問題があるのかもしれません。

現在、なかなか思うように事が運んでいない場合は、日頃の自分を振り返り、変えられるところは変えて行きましょう。

 

自分の魅力を自分で探せなければアピールする事もできませんし、相手にも気づいてはもらえません。

痛い女性の一例として40代独身女性の実家暮らしが痛いと思われる理由も参考にしてくださいね。

目的別にマッチングアプリを選ぶ

目的別にマッチングアプリを選ぶという事で、登録すべきマッチングアプリを世代別に紹介していきます。

まずは真っ向からマッチングアプリを否定するひろゆきさんの動画をご覧ください。

マッチングアプリに対しては100%否定的な見解で、「なるほどな」と思える部分も満載です。

 

ひろゆきさんの言う事はごもっともですが、実際にマッチングアプリで知り合って結婚しているパターンもありますので、出会いの形としてはゼロではありません

ただ、マッチングアプリでモテる人はおそらくリアルな世界でもモテるので、現実の世界でモテない人が急にマッチングアプリでモテるかというと、そうではないのは確かです。

 

ひろゆきさんも言っていますが、結婚には性格が良いというのは重要なポイントだけど、出会いに関しては性格が良いのは必須ではありません

マッチングアプリでは性格の良さはアピールしたところで伝わらないので、見た目の良さや年収などの条件だけでふるいにかけられます。

 

つまりはマッチングアプリでなかなか相手が見つからないようであれば、自分が望む相手のランクを下げるしかないという事でした。

人と付き合った経験のない人は相手を見極める力もないので、それを養うために条件を下げて人と付き合ってみるという事も必要というのがひろゆきさんの見解です。

 

それをふまえた上で、世代別のおすすめマッチングアプリを紹介していきましょう。

世代別にマッチングアプリを選ぶ

世代別にマッチングアプリを選ぶ前に、マッチングアプリの中にも目的別に何となくのカテゴリーがあるのをご存じですか?

例えば軽いノリや遊び目的の出会いが目的のアプリは「出会い系」

恋愛を目的としたアプリを「マッチングアプリ」

結婚を目的としたアプリを「婚活アプリ」と言うそうです。

 

この3つの間には確実な境界線があるわけではないので、たとえ恋愛を目的としたマッチングアプリだとしても、出会い系目的の人などが潜んでいます。

各マッチングアプリには、それぞれ登録会員の主体となる年齢層があります。

世代別のおすすめマッチングアプリを一覧でご覧ください。

世代恋愛結婚遊び
20代ペアーズペアーズエンゲージTinder
30代withゼクシィ縁結びハッピーメール
40代OmiaiブライダルネットPCMAX
50代マリッシュユーブライドワクワクメール

おすすめ世代だからといって、絶対にこのアプリに登録してくださいという事でありません。

20代におすすめのpaters(ペイターズ) は、知名度も高く評判も良いのでどの世代のにも人気みたいですよ。

実際にカップルになってる男女も月間で13,000人以上いるという事です。

マッチングアプリを使いこなしている人は、複数のアプリに登録する人も多いようですね。

それぞれのアプリの特性を把握した上で、便利に使ってみてくださいね。

 

\今すぐ出会いを見つける/

マッチングアプリで売れ残らないためには?

カップルハート

マッチングアプリで売れ残らないために一番大切な事は、待っているばかりなく程よく攻めていくという事です。

これはネット上だけでなく、リアルな出会いにも共通する事ですね。

常に受け身の姿勢で待っているだけで異性が寄ってくるのは、ほんの一握りの人だけです。

 

誰が見てもかわいい女性ならば別ですが、並みの見た目でマッチングアプリというフィールドで勝負するのならば、相手に自分をアピールしていくしか方法はありません。

アピールといっても、実際に会わない限りは直接アピールする事はできませんので、まずは会ってもらうため、自分に興味を持ってもらう必要があります。

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

マッチングアプリでモテるためのコツ

マッチングアプリでモテるためのコツ

では、マッチングアプリ上でモテるためのコツを紹介していきましょう。

モテるというのは、ただ単純に多くの人に声をかけてもらえるという意味ではありません。

この記事を読む人は、マッチングアプリを通じて真剣にお付き合いできる相手を探している人が多いと思います。

 

自分に興味を持ってもらうために、セクシーな写真を載せるなど自分を安売りする事は絶対にやめましょう。

不埒な目的で声をかけてくる輩が増えるだけです。

では、具体的にどんな方法ならば、男性に興味を持ってもらえるのでしょうか?

相手のプロフィールを熟読する

プロフィールイメージ

自分に興味を持ってもらうためにはターゲットの男性を熟知する必要があります。

チャットやメールの文章のやり取りにおいても、会話が弾んでどれだけ会話のキャッチボールができるかは重要なポイントです。

会話というのは、知っている事が多ければ多いほどはずみます。

 

相手に質問された際に、柔軟に応えられるという事も重要ですし、逆に相手を知っている事で自然な質問を投げかける事もできます。

まずは相手に興味を持ってプロフィールを熟読してください。

プロフィールを読んでいればわかるような事を質問すると、相手はしらけてしまいます。

 

例えば、逆の立場で考えてみてください。

趣味の欄に料理と書いてあるのに、「料理は得意ですか?」と質問されたらどうでしょう?

「この人、プロフィール読んでいればわかる事をわざわざ質問してくるな」

とマイナスのイメージになりませんか?

 

「趣味は料理と書いてありましたが、最近つくって美味しかったものは何ですか?」

と聞かれれば、ちゃんとプロフィールを読んでくれているな、と好印象になります。

また、質問内容も具体的なので答え易いですよね。

相手が答え易い質問をして会話を広げるためにも、プロフィール熟読はマストと言えます。

コミュニティチェックして価値観の合う人にアプローチする

コミュニティチェックして価値観の合う人にアプローチする

異性に対する好みの条件に「価値観が同じ人」をあげる人がいますが、それは正しいです。

価値観はいろいろな事柄に対して持つ評価の基準です。

たとえば「いい人」「やさしい人」など人に対する評価は、主観によるところなので人それぞれです。

 

「たのしい」や「おもしろそう」と思える事柄も人それぞれなので、同じ事に興味を持ってる人の方が当然、話や感覚が合います

趣味などが自分と同じコミュティで好みの相手を探す事で、アプローチの成功率がグッと上がると思います。

相手に興味を持ってる事が伝わる話術

相手に興味を持ってる事が伝わる話術

相手が聞き上手だと自分が質問に答えるばかりで、相手に質問を全く投げかけないという人がいます。

いわゆる話ベタさんです。

話し上手は、話し方が上手な上に聞く事も同じくらい上手でなければいけません。

 

相手に質問をしないと興味がないと思われてしまいますし、つい自分の話ばかりして相手が辟易してしまう可能性もあります。

相手のプロフィールを熟知する事で、質問したい事も浮かぶと思います。

 

会話は相手と知り合うための手段で、質問しあって答えていく事で会話のキャッチボールは成立します。

楽しい会話が続く事で気まずさもなくなり、やがて居心地の良さも感じるようになるのではないでしょうか?

質問するばかりでなく程よく自分の事も話す

質問するばかりでなく程よく自分の事も話す

相手に質問して会話をはずませる事は大切ですが、質問するばかりでなく程よく自分の事も話すことも重要です。

相手からの質問に対して答えづらい事もあるとは思いますが、頑なに秘密にしてばかりではガードが堅いと思われてしまいます。

 

かといって明け透けに何でもかんでも話してしまっても、軽いと思われる事もありますし、手札の見せすぎは相手の興味を削ぐ結果にも繋がります。

なんでもほどほどが良いとされますが、それは会話に関しても同じです。

お互いが興味を持ってとことん盛り上がるのはアリですが、個人的な話は程よく隠しながら小出しにしていく事も必要です。

婚活で売れ残らないためのコツ

婚活で売れ残らないためのコツとして、「コロナ禍の恋愛事情~マッチングアプリの使い方のコツとは?~」から現代の恋愛トレンドを考察!を参考にする事もおすすめします。

解説によると、婚活パーティーも行えずリアルな出会いが制限される今、マッチングアプリなどオンライン上での恋活需要がますます増えていく傾向です。

 

それでも日本は、韓国や中国に比べればまだまだ利用者も少ないですし、アプリ上のマッチングから実際にデートまで至っている割合は少ないです。

マッチングアプリの利用者が増えれば、オンライン上でより多くの人と出会えるのですが、日本人の場合は慎重になる傾向があり、なおかつ男女共にハイスペックな相手に興味が集中してしまうそうです。

 

たくさんのアプローチを受ける人がいる一方で、まったく受けないという人も出てきます。

マッチングアプリは全国大会、婚活パーティは地方予選と考えればわかりやすいです。

地方予選で勝てない人は、全国大会に出場しても同様の結果になってしまうのは必然的です。

 

マッチングアプリでわざわざ危険な相手に会う必要はありませんが、求める相手のランクを少し下げる事で知り合える機会が増えます。

自分に対しても相手に対しても客観視し、本当に必要な事を取捨選択していく事も必要です。

婚活するなら婚活サイト「オーネット」がおすすめ

恋愛の先に結婚も考えている方には、マッチングアプリよりも結婚相談所が行っている婚活サイト「オーネット」がおすすめです。

この2つの大きな違いは、結婚まで視野にいれている登録者の割合です。

結婚相談所のオンラインサービスの1つである婚活アプリは、結婚を前提にした交際を望む人ばかりですが、マッチングアプリには、結婚を考えていない人もたくさんいます。

 

婚活目的か恋活目的ですね。

また会員登録方法も異なり、婚活サイトへの登録の場合は、免許証など身元を確実に証明するものが必須となります。

一方でマッチングアプリは、個人を証明するものがなくても登録できてしまいます。

結婚まで視野に入れてる場合は、婚活サイトで出会った方がより安全で確実

 

利用料金もマッチングアプリより多くかかりますが、結婚相談所なので専任のコーディネーターによるマッチングもありますし、アプリを使用して好みの相手を検索する事も可能です。

オーネットの結婚チャンステスト

オーネットでは、結婚チャンステストという診断で、簡単に「理想のパートナー診断」を無料でおこなってくれます。

どんな相手があなたにとって理想的な結婚相手なのか、一度チェックしてみてくださいね!

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

まとめ:マッチングアプリは売れ残り女の巣窟?

まとめ:マッチングアプリは売れ残り女の巣窟?

今回はマッチングアプリは売れ残り女の巣窟!?婚活ベタな女性に共通する特徴とは?と題し、マッチングアプリの実状や売れ残り女と言われないために、どうすれば良いのかを調査してきましたが、いかがでしたか?

マッチングアプリに限らず、売れ残らないためには「勘違い女にならないこと」「話し上手になること」は必須です。

 

目的や世代別に登録すべきマッチングアプリが違う事もわかりましたし、結婚まで視野に入れるならば婚活アプリに登録する方が効率的という事もわかりました。

オンラインサービスで上手に恋活し、彼氏をゲットし幸せな恋愛を楽しみましょう。