SEVENTEENメイクの方法は?セブチメンバーの特徴と共にご紹介!

日本でも人気の韓国の男性アイドルグループ『SEVENTEEN』大所帯!

なんとメンバーは13人います。

 

『SEVENTEEN』なのに何故13人?という疑問には後ほど答えるとして、今回はSEVENTEENメイクの方法は?セブチメンバーの特徴と共にご紹介!と題し、セブチことSEVENTEENメンバーの特徴とそれぞれのメイク方法などを調査します。

 

韓国アイドルがイケメンなのはあたりまえの時代です。

SEVENTEENは才能多きメンバーが集まった集団ですので、メンバーそれぞれの魅力を少しでも多くお伝えしていければと思いますので最後までご覧ください。

 

SEVENTEENメイクの方法は?どんな特徴がある?

メイクアップ道具画

SEVENTEENメイクの方法は?どんな特徴がある?という事ですが、メイク方法をお届けする前に韓国の男性アイドルは多忙なはずなのに、何故肌が綺麗なのか気になりませんか?

韓国では、男性でも日頃からスキンケアを欠かしません。

 

日本でもメンズ物の化粧品が並ぶようになったので、日本人男性もスキンケアしたりメイクをする人が以前よりは増えたかもしれません。

美肌にとって最大の天敵は、乾燥と紫外線なのですが韓国人は男性でも日頃から化粧水や乳液などでのスキンケアを欠かさない人が多いですし、外に出る際には必ず日焼け止めを塗る人が多いそうです。

 

特に紫外線には気を使うみたいですよ。

肌管理の為に、皮膚科医に定期的に通う芸能人も少なくないようです。

日本の男性芸能人も最近は、BBクリームやクッションファンデなどのアイテムでベースメイクを綺麗に仕上げているイメージがあります。

 

韓国のアイドルたちもベースメイクは基本中の基本ですが、更にアイメイクやリップなども女性並みに施している事が多い印象です。

男性アイドルも男臭さを出すというよりは、ジェンダーレスな雰囲気で「かっこよくキレイに見せる」というメイク傾向を感じます。

 

SEVENTEENの場合は、目元を切れ長にしてクールに見せるためにアイラインを施したり、目元や口元に色を加え華やかさを演出しています。

 

なぜ13人なのにSEVENTEENなのかというと、元々17人で構成される予定があったという説もありますし、ボーカルとヒップホップとパフォーマンスという3つのチームが、1つになった13人のグループという事で、それらの数字を全部合わせると17になるからそうです。(だいぶ難解ですw)

 

セブチメイクの特徴とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

セブチメイクの特徴とは?という事で調べてみましたが、SEVENTEENは全部で13人もいるので、元々の顔の特徴も色々です。

彫の深い人から顔が薄い人まで色々なタイプのお顔が揃っております。

 

というのも、SEVENTEENのメンバーは韓国人だけでなく、中国人メンバーやアメリカ出身の米韓ハーフがいたりするからです。

濃い薄いでいったら全体的に濃いメンバーの方が多いですが、濃さ調整のため?という事もないのですが、何となくバランスを図るためにも元々造形が薄いメンバーは、濃いアイメイクを施している印象を受けます。

 

同じ韓国人といえども大陸続きの土地柄なのか、濃い人もいれば薄い人もいたりと混在しています。

韓国のアイドルといえば、男性でも女性でもまず目元にポイントをおいたメイクが特徴的です。

アイドルと言えども、韓国では日本のように「かわいさ」は追求されず「クールさ」や「カッコよさ」を追求する傾向にあると思います。

 

SEVENTEENのメンバーも、メンバーによっては素顔はカワイイ系のメンバーもいますが、基本的にはクールさを意識してアイラインを引いたり、アイシャドウも深い色や、ローズなどの華やかだけど大人っぽい色を使用している事が多いです。

 

「クールでスタイリッシュ」「華やかで艶っぽい」がセブチメイクの特徴です。

 

SEVENTEEN(セブチ)メンバーそれぞれのメイクの特徴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

次にセブチメンバーのメイクの特徴を紹介していきます。

メイクの特徴を紹介するのですが、BTSやTXTにも共通して言える事なのですが、リリース曲毎にメイクやヘアースタイル(特にカラー)が代わるメンバーがいます。

 

SEVENTEENメンバーの見分け方は、セブチメンバーのプロフィール記事がありますので、そちらを参照してください。

メンバーは全部で13人いますが、VOCALチームからスタートし、HIPHOPチームそしてPERFORMANCEチームと順番にメンバーのメイク方法を紹介していきます。

 

結成当初は平均年齢17歳と言われていましたが、現在では全メンバーが20代のグループです。

2012年からSEVENTEENは生まれつつありましたが、現在のメンバーに確定するまでに長い練習期間を費やし、2015年に満を持してデビューしてから早6年が経ちました。

元々、自主制作アイドルと呼ばれるだけありシッカリとしたメンバーが多いのですが、すっかり大人の魅力漂う男性アイドルに成長しました。

 

WOOZI(ウジ)・・・VOCALチーム(リードボーカル)・チームリーダー

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

ウジさんは、韓国の男性アイドルの中でも、スバ抜けて身長が低い(164cm)アイドルなので、最速で見分けられるメンバーだと思います。

身体的な特徴としては、背の低さと透き通るような色白さんです。

小さいながらも、超頼りがいのあるVOCALチームのチームリーダーはSEVENTEENのプロデューサーでもあります。

 

見た目からは想像つきませんが、鬼プロデューサーらしいですよw

そんなウジさんですが、顔のつくりもキュートでカワイイキャラなので、メイクもナチュラル系な事がほとんどです。

 

色白を活かしたメイクと言いますが、眉を描いてステージの時はアイラインは必ず入れてる感じですね。

アイシャドーも元々、瞼が重めの目元なのもあって血色系のシャドーをほんのり差し色で入れてる事が多いです。

リップもほんのり色づく系のメイクで、基本的に血色を少し足すくらいの控え目メイクな事が多いです。

 

JEONGHAN(ジョンハン)・・・VOCALチーム(サブボーカル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

ジョンハンさんは、最年長メンバーの一人で中性的な雰囲気漂う甘いマスクで、日本でも人気のメンバーです。

髪色も明るく金髪だったり赤系だったりする事が多く、基本的には長めな事も多く女性に顔負けの色気が漂うメンバーです。

 

眉もふんわりと太めに女性らしく描くのが特徴で、くっきり目元も垂れ目がちなので上瞼のみリキッドアイライナーを入れてる事が多いみたいです。

上のようなグラビア撮影の時には、ブラウン系のシャドウをグラデーションで入れてる事が多いです。

 

またリップは女性並みに艶っぽい明るい色を使うのが特徴です。

ジョンハンさんは、元々、色白で造形が美しいのでスッピンでも女性っぽいと思いますが、メイクによってよりいっそうジェンダーレスな雰囲気になりますね。

 

JOSHUA(ジョシュア)・・・VOCALチーム(サブボーカル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Hong(@joshu_acoustic)がシェアした投稿

ジョシュアさんは、ロサンゼルス出身の韓国系アメリカ人です。

韓国系という事なので欧米人の血は入っていないのだと思われますが、元々の造形はかなり濃いめです。

日本のアイドルに例えるとセクゾの佐藤勝利さん系の濃さです。

 

目鼻立ちがクッキリとした厳つい系の美男子で、アメリカでスカウトマンが彼を見逃さなかったのも頷けます。

アイブロウは、元々濃い眉は整えるために少し足すくらいです。

元々、目ヂカラが強いですが、それを更に強調させるために濃いブラウン系を入れています。

 

口元は基本的には色味を少し足す感じです。

衣装によっては赤系の濃い色を入れてる事もありますが、マット系で艶感はない事が多いです。

 

DK(ドギョム)・・・VOCALチーム(メインボーカル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

도겸(@dk_is_dokyeom)がシェアした投稿

ドギョムさんは、セブチのメインボーカルという事でステージをテレビで見ていても一番目にとまる回数が多いメンバーです。

身長も韓国の男性アイドルの平均的な身長ですし、見た目にも鼻筋がシュッとしていてセブチの中でも最も韓国人イケメンらしい顔つきじゃないかと思います。

 

スッキリと整っている顔つきで、決して薄い顔立ちという訳でもないので、悪い言い方をすると化粧映えしない顔です。

良く言ったら化粧が必要のない顔立ちですね。

普段も眉は太くシッカリと描いていますが、それ以外のアイメイクはしていない事が多いですし、してもほんのりと色づく程度です。

 

逆にアイメイクする時は野獣系のメイクといいますか、ふんわりと色を乗せる感じではなくガッツリと黒系の濃いめを入れる感じですね。

口元はオレンジベージュ系の肌馴染みの良い色味で、肌のトーンアップに繋がっています。

ドギョムさんは元々の肌色が暗めなのでベースもトーンアップ系だと思います。

 

SEUNGKWAN(スングァン)・・・VOCALチーム(メインボーカル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

スングァンさんも、セブチのメインボーカルですので一番目にする機会が多いですし、彼もまた別のテイストの韓国人らしいイケメンです。

スングァンさんは、頬骨は高めで全体的には薄めの顔立ちです。

 

目は決して小さい訳ではないのですが、横幅を足すためにアイラインやシャドウのグラデーションで横幅を出すようなメイクをしている事が多いです。

アイラインが滲みやすいのでリキッドでしっかりと描いているそうです。

 

三白眼ですが、色々な色のカラコンを入れてる事が多く、好みは色々ですが色素薄系のカラコンはファンウケが良いみたいです。

カラコンもメイクの一部といった感じですね。

 

髪型は基本的に短いですが、形やカラーはコロコロ変わる印象です。

ブラウン系のほか、ゴールドやシルバーの時もありますが髪色が明るくても暗くてもよく似合います。

 

S.COUPS(エスクプス)・・・HIPHOPチーム(チームリーダー)/統括リーダー

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

セブチメンバーイチ言いづらい名前のエスクプスさんは、HIPHOPチームのチームリーダーであり、SEVENTEENの統括リーダーでもあります。

縁の下の力持ちってやつで、気苦労も多いのでしょうか?過去には休養していた時期もあります。

 

ウスクプスさんは、とにかく目元に特徴があるメンバーです。

とてもとても濃い眉の下には、まつ毛バッサバッサのラクダ系の大きな目があります。

ステージメイクは、この濃い眉と幅広の二重を更に強調させるメイクの事が多いです。

 

派手めのメイクがお好みのようで、アイラインもしっかりと引きますし、赤系や紫系のシャドウをしっかりと乗せた上でシャドウの色味に合わせてカラコンも入れるみたいです。

セブチの中で一番韓国男性アイドルらしいメイクと言えます。

口元にもマット系の発色の良い赤やピンクの色を使用する事が多いです。

 

WONWOO(ウォヌ)・・・HIPHOPチーム(サブラッパー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

ウォヌさんといえば、攻める系のラッパーなので、メイクも攻める系のメイクです。

元々、スッキリとした切れ長の目元や筋の通った鼻などスッキリとクールな顔立ちです。

韓国人はぽってりとした唇が多いですが、薄めのスッキリとした唇が好印象です。

 

最近、日本でも毎年話題になる『世界で最もハンサムな顔100人』のノミネートも常連化しているメンバーの1人です。

元々切れ長の目元を更にクールに見せるために、上下に細いアイラインを入れて整えた上で深いブラウン系のシャドーで切れ長感を強調させます。

 

華やかさを足すのではなく、男性らしいクールさを強調するメイクです。

リップはマット感があるテラコッタ系で色づけています。

 

MINGYU(ミンギュ)・・・HIPHOPチーム(サブラッパー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

김민규(@min9yu_k)がシェアした投稿

ミンギュさんも、『世界で最もハンサムな顔100人』のノミネートも常連化しているメンバーの1人です。

そして、セブチメンバーで一番背の高いメンバーなので、すぐに見つけやすいでしょう。

一番小さなウジさんとの身長差は23cmくらいあります。

 

奥二重のクッキリした目元で鼻筋が太めです。

ミンギュさんのメイクはいつもあまり変わらない印象ですが、太めの並行眉が一番のポイントです。

ブラウン系のアイシャドウを上瞼や下瞼に入れて陰影をつけてる感じです。

 

目頭から鼻筋にかけてノーズシャドーを入れて陰影を深くしているのも特徴の一つです。

 

VERNON(バーノン)・・・HIPHOPチーム(メインラッパー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

バーノンはニューヨーク生まれの米韓ハーフです。

お父さんが韓国人でお母さんがヨーロッパ系のアメリカ人と組み合わせのようで、とても色白で綺麗な顔立ちをしています。

ハーフではありませんが、INFINITEのエルさん系の美男子です。

 

なにもしなくてもキレイな顔立ちなので、メイクもSEVENTEENで一番ナチュラルメイクかもしれません。

ベースメイクをした後は、眉は整える程度に描き口元も肌の血色をあげるために薄いピンクの色を入れている感じです。

髪型はくせ毛なのか、いつもゆるーくウェイブしている状態であまり派手な色にカラーリングしない印象です。

 

HOSHI(ホシ)・・・PERFORMANCEチーム(チームリーダー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

HOSHI(@ho5hi_kwon)がシェアした投稿

PERFORMANCEチームのチームリーダー・ホシは涼し気な切れ長の目元が特徴的です。

デビュー当時と比べても、顔が変化していないメンバーです。

ホシの場合は、メイクよりも髪色の方が印象に残ります。

 

ナチュラルに黒系の時もあるのですが、シルバーだったりビビットなオレンジ色だったり割と奇抜な髪色の時も多いです。

ホシも色白ですが、ステージに立つときには切れ長の目元にはガッツリとリキッド系のアイラインを引く事が多いです。

 

眉はふんわりと描き、目元にはオレンジ系のシャドウを施します。

色を入れるというよりは、陰影をつけて彫を深くしている雰囲気です。

口元は、マットなコーラル系のオレンジやピンクのリップを塗ってる事が多いです。

 

JUN(ジュン)・・・PERFORMANCEチーム(リードダンサー/サブボーカル)

ジュンさんは、SEVENTEENに二人いる中国人メンバーの一人です。

濃いめの顔立ちですが、ハーフではありません。

日本では俳優の新田真剣佑さんに似ていると言われたりしていますが、私が真っ先に似ていると思ったのは韓国ドラマ『花郎(ファラン)』に出演しているト・ジハンさんでした。

 

写真によっては、SUPERJUNIORのヒチョルさんにも似ていると思いましたがどっちににしても深彫り系のイケメです。

ジュンさんは、眉毛を上がり眉で太く描き、アイホール全体にブラウン系のアイシャドウをいれて更に目元の彫りを深くしている印象です。

 

メイクをしなくても十分に整った顔立ちですが、メイクをする事で大人っぽくなります。

 

THE8(ディエイト)・・・PERFORMANCEチーム(リードダンサー/サブボーカル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

The8 디에잇(@xuminghao_o)がシェアした投稿

THE8(ディエイト)さんは、もう1人の中国人メンバーで、現在、同じく中国出身のジュンさんと共に中国に一時帰国中です。

この2人は、セブチ本体から離れ予定では2021年の12月まで中国で活動するそうで、その間、本体は11人での活動となります。

 

いちいち日本人タレントに置き換える事もないのですが、ディエイトさんはNEWSの小山慶一郎さん系のイケメンです。

鼻頭が丸いのが特徴的でメイクは眉を整えたり、目尻をアイラインで長めにしてるくらいであとはナチュラルな感じです。

 

ステージでのヘアスタイルはフロントをセンター分けして目元には、うっすらとピンク系のグラデーション系のシャドウを入れる事が多いようです。

 

DINO(ディノ)・・・PERFORMANCEチーム(メインダンサー/サブラッパー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

最後の一人はディノさんです。

ディノさんは最年少のマンネで、ヒョン(お兄さん)たちみんなから可愛がられる(からかわれる)典型的なマンネキャラです。

がっつり一重まぶたなので同じパフォチのチームリーダー・ホシさんと少し似ている雰囲気です。

 

韓国人らしい顔つきですが、ベビーフェイスで笑うとカワイイのでメイクをしてもたまにあどけなさが溢れでます。

目元にはアイラインをいれて、眉は眉頭をガツンと太めに眉尻に行くほど先細りに描くのが特徴的です。

 

肌はシッカリとトーンアップさせて、目元はマット系のアイシャドウでグラデーションを作っています。

口元は、ナチュラル系の色を塗る事が多いようです。

 

SEVENTEENメイクに欠かせないアイテムは?

SEVENTEENは、韓国のthe saem(ザ・セム)というコスメブランドのイメージモデルを務めていてコラボコスメは日本でも毎回大人気です。

プチプラだけど高性能なので韓国コスメファンにはおなじみのブランドです。

といっても、セブチとのコラボ商品はメイク系のコスメではありません。

 

 

以前は、アイシャドウのコラボ商品もあったようですが今はないようです。

セブチメンバーのメイクに共通で欠かせないものといえば、アイシャドウだと思います。

SEVENTEENだけでなく、他の男性アイドルグループのメイクにとって欠かせない存在がアイシャドウだと思います。

 

K-POPアイドルに欠かせないアイテムとして度々紹介されているのが、UrbanDecayのネイキッドリローデットアイシャドウパレットです。

個人というよりもK-POP界のメイクさんたちが愛用しているようです。

 

たしかにアイドルたちが使っている感じのブラウン系のシャドウが何色も揃っていて便利そうです。

男性アイドルの場合は、涙袋を描いたりラメを使ったりはあまりないですが、それでも日本の男性アイドルよりはメイクをきっちりしている印象です。

 

K-POPメイクをマネする場合には、UrbanDecayネイキッドリローデットアイシャドウパレットがひとつあると重宝しそうですね。

 

 

SEVENTEENメイクについてまとめ

今回はSEVENTEENメイクの方法は?セブチメンバーの特徴と共にご紹介!と題し、K-POP人気アイドルグループ『SEVENTEEN』のメイク方法を、メンバーの特徴を交えながら紹介してきましたがいかがでしたか?

 

最近では、日本でもメンズ用のコスメが以前よりは店頭に並ぶようになり、若い男性の中には日常的にメイクする人も増えたようですね。

男性もスキンケアや身だしなみに気を付ける習慣ができるのは好ましい事だと思います。

 

もしメンズメイクをしたい場合は、SEVENTEENメンバーをお手本にするのも良いかもしれません。

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

セブチメイクトップ
最新情報をチェックしよう!