ぎんしゃむのwiki風プロフィールは?youtuberアイドルの全貌を明らかに!

ジェンダーレスが何かと話題なので、今日はかわいい男の娘(おとこのこ)の第一人者のぎんしゃむさんを紹介します。

ぎんしゃむのwiki風プロフィールは?youtuberアイドルの全貌を明らかに!という事で、「ぎんしゃむって誰よ?」な方から「ぎんしゃむって、女子?男子?」な方の疑問を消せるようにwiki風にプロフィールをつくっちゃいます!

 

女子以上に女子力高いYouTuberアイドルのぎんしゃむさんは、すでにアイドル活動をしていてこの夏にはCDリリースもしちゃうそうです。

そんなぎんしゃむ最新情報もまじえながら、ぎんしゃむさんの魅力を紹介していきましょう!

 

【youtuberアイドル】ぎんしゃむのwiki風プロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぎんしゃむ(@gin__sym)がシェアした投稿

まずは、ぎんしゃむさんの基本的プロフィールを紹介しましょう。

 

  • 本名:早田 銀次(はやた ぎんじ)
  • 生年月日:2001年12月7日
  • 出身地:大阪府
  • 身長・体重:161cm・55kg
  • 血液型:O型

身長が160cm台前半という事で小柄な男性ですね。

身長や体重からして難なく女物が着れてしまう体形という事も、男の娘化を加速させる事になった要因の一つかもしれません。

「ぎんしゃむ」という名は本名の銀次という名が由来の様です。

 

「かわいさ」に目覚めたのは小学生の頃で、「かっこいい」より「かわいい」という誉め言葉が嬉しかったんだそうです。

中学生の頃に友達にメイクしてもらったのがきっかけで、自分でもメイクを始めます。

そして、メイク後の写真をTwitterに投稿しはじめたのが、「ぎんしゃむ誕生」のきっかけだったようですよ。

 

「女の子になりたい」や「女装をしている」という意識とはまた違い、かわいさを追求した結果がぎんしゃむさんなんだと思います。

同じ人間なんで男とか女とか分ける必要もないですし、もっと自分らしさを開放しやすい世の中になると良いですね。

 

ぎんしゃむの学歴は?出身高校はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぎんしゃむ(@gin__sym)がシェアした投稿

ぎんしゃむさんは、インスタで着用していた制服から学校がバレています。

現在は高校を卒業していますが、通っていたのは大阪府立泉尾高等学校(いずおこうとうがっこう)をいう公立校です。

 

開校99周年の歴史ある高校でしたが、2020年に大阪府立大正高等学校と統合し、大阪府立大正白稜高等学校という名称に代わっています。

校舎は大阪府立泉尾高等学校の物を使用しているという事ですので、ぎんしゃむさんが通学していた当時の場所に学校はあります。

 

偏差値は37くらい普通高校ですが、身だしなみなど服装には厳しめの学校のようです。

ぎんしゃむさんが男の娘化する為には、メイクやファッションが必須です。

制服の首元もリボンではなくネクタイですので、高校時代は「男の娘」ではなく「男の子」として通学していたものと思われます。

 

 

【youtuberアイドル】ぎんしゃむの経歴は?

現在はYouTuberアイドルとして活動しているぎんしゃむさんですが、ぎんしゃむさんはどのようにして人気を獲得してきたのでしょうか?

これまでのぎんしゃむさんの経歴を簡単に振り返りたいと思います。

 

ぎんしゃむさんは、大阪府の出身です。

高校生の頃に、大阪を活動拠点にしていた「ヘンジンマジメ」というグループに所属し、ヘンジンマジメのYouTubeチャンネルで活動していました。

ヘンジンマジメは男3女1の4人組でしたが、ぎんしゃむさんは当時から「男の娘」担当でした。

 

ヘンジンマジメは2017年8月から動画投稿を開始し、開始後約1ヶ月半でチャンネル登録者数5万人達成を記録した超人気チャンネルでしたが、メンバーたちがそれぞれ別の道を歩む事になったために、2019年10月に活動を休止しています。

その後、ぎんしゃむさんは以前から知り合いだった同じ男の娘のぷうたんとタッグを組みアイドルを目指すようになります。

 

「ぷうたんとぎんしゃむのちゃんねる」という名でYouTubeチャンネルをはじめましたが、現在は2人でアイドルグループ『MM(メイメイ)』として活動しているので、チャンネル名も「MM公式」に代わっています。

 

ぎんしゃむがCDデビュー?

ぎんしゃむさんと愛方のぷうさんは、2人でアイドルをしたいと思い立ち知名度を上げるために「ぷうたんとぎんしゃむのちゃんねる」を始めました。

小学生の頃からアイドルに憧れNMB48に入りたいと思っていたみたいですが、性別の壁があるので正統な方法でアイドルになる事は難しいと判断します。

 

YouTube上で男の娘として知名度を上げる事にします。

しかし、アイドルを夢見るものの、足掛かりになるものもなくセルフプロデュースを検討するもお金もないので進めずにいました。

そこに伝手を辿って救世主が現れます。

 

「男の娘のアイドルをプロデュースしたい」と考えていたプロデューサーの青木勇斗さんと出会います。

青木勇斗さんは、真っ白なキャンバスというアイドルグループを手掛けたプロデューサーです。

「性別は男の子だけど中身は女の子」というコンセプトでこれまでなかった新しいタイプのアイドルのパイオニア的存在を目指すそうです。

 

ユニット名のMM(メイメイ)は、中国語で「かわいい子」的な意味があるそうです。

2人共、各々SNSを通じて中国や台湾でもバズっているので、CDデビューして本格的にアイドル活動を始めたら海外でライブとかもするんではないでしょうか?

 

国内では、武道館ライブを目指すそうです。

デビューシングル「イロトリドリノヒビ」は、9月7日リリースの予定です。

 

【youtuberアイドル】ぎんしゃむの恋愛対象は?

ぎんしゃむさんの恋愛対象が男か女かについては、最近はあえて明言を避けるようにしているみたいです。

これまで、お付き合いどころか誰かを恋愛対象と意識した事がないからわからないとしながらも、2年ほど前には次のように発言しています。

 

「(好きなタイプは)女の子。別にイケメンに興味ない」とし、女性らしい服装やメイクをするのを好むジェンダーレス男子であるぎんしゃむ。「女の子に見える男の子って立ち位置で居たい」とスタンスを教えてくれた。

引用:https://mdpr.jp/news/detail/

たぶん、自分がかわいくなることやアイドルになる為のセルフプロデュースに全力を注ぎこんでる感じなので、今のところ「恋愛」は考えられないのかもしれません。

「女の子に見える男の子って立ち位置で居たい」のが本音みたいなのでぎんしゃむさんの恋愛対象はきっと女性なんだと思います。

 

同じ男の娘の相方のぷうさんの場合は、性別は男性ですが見た目も心も女性のようです。

どちらにしても「MM」はジェンダーレスを引っ張っていく存在になっていきそうな気がします。

 

ぎんしゃむのwiki風プロフィールまとめ

今回は、ぎんしゃむのwiki風プロフィールは?youtuberアイドルの全貌を明らかに!という事で、YouTuberアイドルのぎんしゃむさんについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

 

メイクの仕方や表情の作り方で見え方が変わるのでしょうが、それにしてもぎんしゃむさんは「かわいい」ですよね。

ぎんしゃむさんは、今は髪も長いですしメイクもしていますが、髪が短かった時も「女の子に見える」と言われていたそうです。

 

画像だけで見ていると完璧に女子ですが、動画を見ると男子が見えたりするのも個人的には面白いと思います。

これからのMMとしての活動にも注目していきましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ぎんしゃむwikiトップ
最新情報をチェックしよう!