松本潤の大河ドラマはいつから?【どうする家康】出演者や作品詳細もご紹介!

松本潤さんの大河主演のニュースには驚きましたね!

大河で見る松本潤さんはどんな感じなのか、非常に楽しみにしています。

 

ですが、あれ?そういえば松本潤さんの大河はいつからだったかな?と。

そもそもどんなタイトルの大河だったのか…松本潤さん主演というニュースしか覚えていない私。笑

 

そこで今回は『松本潤の大河ドラマはいつから?【どうする家康】出演者や作品詳細もご紹介!』と題し、松本潤さん主演の大河ドラマの話題をお届けします。

松本潤さんの大河を楽しみにしている皆さん、是非最後までご覧くださいね。

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】はいつから?

松本潤さんの大河ドラマがいつからなのか?ということですが、答えは2023年の大河ドラマですね。

2023年放送の大河ドラマ「どうする家康」主人公の家康役を松本潤さんが務めることが決まりました!

ちなみに大河ドラマで家康が単独主人公となるのは大河ドラマ21作目の「徳川家康」から実に40年ぶりだそうです。

 

歴代の徳川家康役は以下の通りです。

ここに松本潤さんが名を連ねると思うと凄いですよね~。

 

  • 3作目 太閤記 (1965年/昭和40年) 演:六代目尾上菊蔵
  • 7作目 天と地と (1969年/昭和44年) 演:松山政路
  • 9作目 春の坂道 (1971年/昭和46年) 演:山村聰(やまむらそう)
  • 11作目 国盗り物語 (1973年/昭和48年) 演:寺尾聰(てらおあきら)
  • 16作目 黄金の日日 (1978年/昭和53年) 演:児玉清
  • 19作目 おんな太閤記 (1981年/昭和56年) 演:フランキー堺
  • 21作目 徳川家康 (1983年/昭和58年) 演:滝田栄
  • 25作目 独眼竜政宗 (1987年/昭和62年) 演:津川雅彦
  • 26作目 武田信玄 (1988年/昭和63年) 演:三代目中村橋之助(現:八代目中村芝翫)
  • 27作目 春日局 (1989年/平成元年) 演:丹波哲郎

2023年の大河ドラマは例年通り1月始まりだと思いますが、正確な放送開始日がわかり次第こちらに追記します。

まだ先のこととは言え、松本潤さんの徳川家康役とても楽しみですね!

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】出演者や作品詳細は?

  • 作品タイトル名・読み方:どうする家康・どうするいえやす
  • ジャンル:大河ドラマ
  • 公式HP:https://www.nhk.or.jp/
  • 脚本:古沢良太
  • 原作:なし
  • 制作統括:磯智明
  • 製作:NHK東京本部

松本潤さん主演の大河ドラマ「どうする家康」の脚本は古沢良太さんが担当です。

古沢良太と言えば、コンフィデンスマンjpやリーガルハイなどの人気ドラマの脚本を担当された脚本家。

今一番、次回作が楽しみな脚本家と言われているそうです。

 

そんな古沢良太さんが新たな視点で描くという徳川家康の生涯。

「古沢良太×松本潤」の令和版NEW家康、どんな仕上がりになるのか楽しみです。

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】出演者は?

2023年の大河ドラマ「どうする家康」の出演者は今のところ主演の松本潤さん以外決まっていません。

出演者が決まり次第追記しますので、ひとまずは松本潤さんのあれこれをご覧ください。

 

【松本潤プロフィール】
  • 1983年8月30日生まれ(37歳)
  • 東京都豊島区出身
  • 血液型A型
  • 堀越高等学校卒業
  • 人気アイドルグループ・嵐のメンバー
  • 大河ドラマは初出演
松本潤さんは中1の時にジャニーズ事務所に入所。
中学時代はサッカー部に所属し、その影響もありイニエスタ選手の大ファンだと公言しています。
また、お茶目なエピソードとしては2歳年上のお姉さんにも「松潤」と呼ばれているそうです。笑
そんな松本潤さん、大河出演のオファーにはかなり驚きかなり悩まれたそうです。

以下に松本潤さんのコメントも記載しておきますのでご覧ください。

 

初めに聞いた時はビックリしました。
自分に大河のオファーが!?
しかも誰もが知っている、あの家康を!?
脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!

しかし嬉しかったのと同時に、大きな不安も感じました。
そんな大役を自分が務め上げられるのかと。

中略

古沢さんの考える家康像はとても斬新です。
今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています。
そして乱世に振り回されながら、必死に生き抜き戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたらと思います。

日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんの事、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。

楽しみにしていてください。

引用:https://www.nhk.or.jp/

意気込み十分といったところでしょうか。

悩まれた結果に受けた仕事ですので、それだけでもご本人のやる気が伝わってくるようです。

松本潤さんが「古沢さんの考える家康像はとても斬新です。」と言われていますが、どんな斬新な家康なのか気になりますね!

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】のあらすじは?

日本の橋

松本潤さんが演じる徳川家康は令和版NEW徳川家康になるそうですが、どんなストーリーになるのでしょうか。

詳細なあらすじは今後わかってきますが、今わかっている大まかなストーリーは以下のとおりです。

 

貧しき小国・三河にある岡崎城主・松平広忠の子として生まれた少年・竹千代(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、孤独な毎日を過ごしていた。ある時、今川家へ人質として送られる途中、織田家に強奪され、連れ去られる。明日の運命すら分からない中、青年・織田信長と劇的な出会いを果たし、自らの力で世の中を変えられると教えられる。さらに父に仕えていた旧臣たちと再会、彼らに松平家(のちの徳川家)再興の思いがくすぶっていることを知る。
そして“桶狭間の合戦”による今川家の混乱の中、家康は家臣たちともに、三河の城を取り戻すことに成功する。だが、それは苦労とピンチの始まりでもあった。領民の一向一揆に悩まされ、さらに戦国最強の武将・武田信玄の脅威にさらされ、“三方ヶ原の戦い”では徳川軍は全滅寸前に追い込まれる。さらに武田は侵略の手を緩めず、家臣団や家族との関係をも切り崩そうとする。自らの弱さに歯がゆさを感じつつも、敗戦をバネにして、家康は個性派揃いの家臣たちとの絆を深め、一体感溢れるチーム徳川をつくりあげていく。
しかし、“本能寺の変”で目標でもあった信長を失い、絶体絶命の窮地に追い込まれる家康。人心掌握に長けた戦乱の申し子・豊臣秀吉、精緻な頭脳を持つ天才・石田三成が立ちふさがり、真田昌幸たち周辺の大名たちが足元を揺さぶる。果たして戦乱の世は、終わりを告げるのか?この国に未来はあるのか?どうする家康!

引用:https://www.nhk.or.jp/

脚本家の古沢良太さんはカリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない、ひとりの弱く繊細な若者といった徳川家康を現代的なヒーローと称しています。

ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに、いやが応にも心に鎧をまとわされ、半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき、個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく様を描くとのこと。

その描きたい主人公像「ナイーブで頼りないプリンス」に松本潤さんがピッタリだったそうです。

 

どんな風なストーリー展開になるのか、あらすじの中で松本潤さん演じる徳川家康がどんな面白さを見せてくれるのか…

2023年の放送開始が改めて待ち遠しくなりました。

ストーリー展開によっては色恋沙汰だったり感動したりと、色んな場面があると期待しています。

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】出演者予想は?

サクラの花

松本潤さん主演の大河ドラマ「どうする家康」の出演者予想は?ということで、「どうする家康」の出演者を世間の皆さんがどんな予想をしているのか見ていきましょう!

 

「どうする家康」の主演者予想はここをクリック

 

主演がジャニーズ事務所所属の松本潤さんということで、オールジャニーズえキャスティングでは?みたいな噂もあるようですが、それはさすがにないでしょう。笑

ただ、ジャニーズ事務所から誰かしら出演するという見方が強いですね。

松本潤さんのバーターというのは聞こえが悪いですが、誰がどんな役で出演するのか気になります。

 

また、ヒロインに関してはそもそも徳川家康の生涯においてヒロインとは誰になるのか?そんな議論もあるようでした。

私は歴史に詳しくないのですが、歴史の時代背景に詳しい方からすると確かにそこも気になりますよね。

 

「どうする家康」の松本潤さん以外の主演者の発表、心待ちにしたいと思います。

 

松本潤の大河ドラマ【どうする家康】まとめ!

今回は『松本潤の大河ドラマはいつから?【どうする家康】出演者や作品詳細もご紹介!』と題し、松本潤さん主演の大河ドラマの話題をお届けしました。

まだ先ではありますが、「どうする家康」楽しみですね!

今後、新情報がわかり次第追記していきます。

 

それでは、最後まで記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

松本潤の大河の記事
最新情報をチェックしよう!