MENU
恋愛・結婚・お悩み

売れ残り女が「ざまあ」と言われる特徴は?悲惨な末路ランキング総まとめ!

売れ残り女ランキングトップ

男女とも独身比率が高くなり、婚期を逃した状態は売れ残りと呼ばれます。

今回は売れ残り女が「ざまあ」と言われる特徴は?悲惨な末路ランキング総まとめ!と題し、売れ残り女で「ざまあ」と呼ばれてしまう人の特徴を調査していきます。

 

また、売れ残りが行きつくであろう悲惨な末路についても調べてみましたので、ランキングでお届けしていこうと思います。

合わせて売れ残らない為の方法も紹介していきますので、最後までお付き合いくださいね!

 

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

女性は何歳からが売れ残り?

女性は何歳からが売れ残り?

結婚という形を一つの区切りと考えると男女ともに売れ残りと言われる境は30代にありそうです。

婚活中の人は、いつからが「売れ残り」と呼ばれてしまうのか気になりますよね?

マッチングアプリは売れ残り女の巣窟だと言われる事もあるみたいです。

 

婚活する人=子供を持ちたいと思う人がほとんどですので、それが反映される感じです。

結婚適齢期は、もはや死語ともいえますが妊娠適齢期はあります。

初産の女性の場合は、30代半ばが妊娠適齢期になりますので、おおよそ35歳を過ぎると売れ残りという事になります。

 

子供は産んだら成人するまでは育てて行かなければなりません。

男性の場合も、女性に比べると生殖能力に猶予はありますが、年齢と共に衰えます。

また、子育てと自分が定年する年齢を逆算して考えると40歳手前までには子供を授かった方が良いという事になります。

 

以上の理由から男性も38歳くらいから売れ残りという事になるみたいです。

売れ残り女「ざまあ」と言われてしまう特徴ランキング

売れ残り女「ざまあ」と言われてしまう特徴

「ざまあ」というのは、「様見ろ(ざまあみろ)」の略語です。

失敗を嘲笑う失礼な言いようなので、自分が言われると悲しいし怒りたい身持ちになると思います。

できれば、「ざまあ」だなんて言われたくないものです。

 

では、いったいどんな人が「売れ残り女」とか「ざまあ」と言われてしまうのでしょうか?

売れ残り女「ざまあ」と言われてしまう特徴ランキングという事で、端から売れ残りだと思われてしまう人の特徴を調べてみました。

①理想が高すぎる

理想が高すぎる

売れ残り女と言われる年齢でも、充実した恋愛をしている場合はおそらく売れ残りとは言われないのではないかと思います。

売れ残りと言われるのは、夫もいないし、彼氏もいない女性です。

 

最近は、彼氏いない歴=年齢という人も少なくないようです。

結婚を望みながら結婚できない30代女性は、40代になっても独身である可能性が高いと言われています。

気になる方は、結婚できない40代独身女性も合わせてご覧ください。

 

結婚したくてもできない原因はいろいろですが、一番大きな原因は「理想が高すぎる」ことです。

さすがに、「王子様のような人」という人は少ないかもしれませんが、自分は高望みしている気がなくても他の人が聞いたら「高望み」と思える理想の人がいます。

 

たとえば「年齢は自分と同じか年下」、「年収は600万以上」、「長男は不可」、「長身のイケメン」などを条件に入れていませんか?

自分が売れ残り女と呼ばれる年齢の場合、結婚相談所でも相手を見つけるのはなかなか厳しいのが現実です。

 

それでも、相手が見つからないというわけではありません。

しっかりと結婚のプロに相談し条件を見直すことも、売れ残らないための手段の1つと言えます。

 

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

②自己評価が高すぎる

自己評価が高すぎる

売れ残り女にありがちな原因の一つの中に「自己評価が高すぎる」というのがあります。

特に恋愛に脇目を振らずに仕事を頑張って、それなりの地位を築いてきた女性は自己評価が高くても、当然という気もします。

しかし通常男性受けはあまりよくありません。

 

自分よりも仕事ができる女性は、男性からは敬遠されがちだからです。

しかし、もっと厄介なのは仕事などでのキャリアはないのに自己評価が高い女性です。

見た目が良くて20代をちやほやとされてきた女性は、自己評価が高くなりがちです。

 

20代はモテモテだったかもしれませんが、それは若さという何にも代えがたい魅力があったからこそです。

見た目以外を磨いてこなかった女性は、30代になるとそれまでの魅力は急降下します。

それに気づかない女性は「売れ残り」という言葉も他人事になるようです。

 

世間の評価に気づかないというのは、かなり致命的といえます。

③プライドが高い

プライドが高い

プライドが高いというのは、自己評価が高いということが起因します。

プライドというのは誇りですので、持つべきプライドは持っていてもかまいませんし、自尊心は持つべきです。

ただ、持つべきでないプライドは意固地ということに過ぎません。

 

プライドが高いというのは、意固地な人を指すものだと考えればわかりやすいです。

意固地と聞いて、良い意味に捉える人はいないでしょう。

男女問わず、恋人に求める事は一緒にいる事で「安らぎ」とか「楽しさ」を感じる相手だと思います。

 

意固地な女性が相手では、男性は安らぎや楽しさを感じることはできないでしょう。

また意固地な女性は同性からも不人気です。

会話の端々に人を小ばかにするような言動を感じるので、嫌な気持ちになるからです。

意地を張り続けていると、ほんとうに孤立してしまうでしょう。

 

意固地な性格はなんの得にもなりませんので、自分が頑固だなと思ったら考え方を少しずつでも変える努力をしましょう。

④親ばなれできていない

親ばなれできていない

母親と仲が良い事と、親ばなれができないことは同じではありません。

親ばなれができないというのは、日常の生活の必要な事をすべて母親任せにしているという事です。

特に30代や40代で実家暮らしの場合は、それだけで持たれてしまうマイナスイメージがあります。

 

くわしくは、40代独身女性の実家暮らしが痛いをご覧ください。

成熟した年齢になっても実家暮らしをしていると、家事はすべて母親任せと思われる事が多いです。

実際に家のことは母親任せの人も多いのではないですか?

 

結婚を意識した時に、家事ができない女性は話しにならないと思う男性も少なくありません。

若ければ「これから覚えれば良い」と思えることも、30代で家事ができないと単なる痛い人だと思われます。

 

家事は思い立ってすぐにできるようになるものではありません。

しかし、日常的にこなすことで誰にでもできるようになりますので、現在、親まかせにしている女性は、積極的に家事をやるようにしましょう。

 

家事をする事で、食費や光熱費など気づかない出費に気づく事ができます。

家事は生活に直結するものなので、独立した時の生活力が自然と身に付きます。

⑤卑屈で愚痴っぽい

卑屈で愚痴っぽい

30代になると体力がガタっと落ちますし、自分を売れ残りだと認識してつい卑屈になってる人は注意です!

卑屈で愚痴っぽい人の周りに人は寄ってはきません。

 

誰かの悪口を言ったり、何かのせいにして愚痴って発散できる人って性格が良いとは言えません。

せっかく遊びに行っても愚痴ばかり聞かされるのは、逆の立場だったらたまらないですよね?

 

人の愚痴を聞くのは嫌な気分になりますし、愚痴ってる人に良い印象は抱きません。

人を遠ざけないためにも愚痴ったり卑屈な性格は見直しましょう。

売れ残り女の悲惨な末路ランキング

売れ残り女の悲惨な末路ランキング

次は、売れ残り女の悲惨な末路ランキングということで、売れ残った人々がどうなって行くのかを具体的に調べてみました。

この記事では35歳以上になると「売れ残り」と呼ばれると書いていますが、中には独身主義の人もいますし、そういった人は対象にはなりません。

 

自分らしく楽しく、将来もきちんと見据えて生きているのならば素敵です。

しかし、卑屈になったり周りと比べて焦ったりしているのならば、少しずつでも今の状況を変えて行くべきでしょう。

それには、まずこのままでいたらどうなるかを知っておいた方がいいのかもしれません。

①友達が減ってしまう

友達が減ってしまう

社会的キャリアを積まずに売れ残ってしまっている場合は、徐々に友達が減ってしまう可能性があります。

人はできるだけ同じ環境の人と群れます。

同じ環境の人と付き合う事が楽だし、話も通じるからです。

 

以前は仲が良かった友達とも話が合わなくなり、徐々に疎遠になってしまうことも少なくありません。

独身女性が結婚した友達と話しが合わなくなるというのも良く聞く話です。

 

日常的に、仕事がメインの独身者と子育てメインの既婚者が話が通じないのはある意味仕方がありません。

既婚者が少数派だった時には、孤立を感じることはありませんでしたが、年齢を重ねると独身者が少数派となります。

 

趣味のコミュティなどがあれば孤立する事はありません。

仕事繋がりで気の置ける仲間をつくるというのはなかなか難しいですし、年齢と共に人との付き合いは厳選され減っていきます。

売れ残り女の末路は「孤立」という事なのかもしれません。

②周りに余計な気を遣われる

周りに余計な気を遣われる

30代以上で独身の女性の場合、周囲や親戚をはじめ親からですら気を遣われる傾向があります。

本人はあまり気にしていなかったとしても、売れ残り女という認定をされた時点で、周囲に気を遣われてしまいます。

 

たとえば、以前は気軽にされていた「〇〇ちゃん、彼氏できた?」などあいさつ代わりのような質問もいつの間にかされなくなります。

「どこそこの○○ちゃんが、二人目だって~」などの会話も、気を遣われて話を控えられるか、親などからは逆に発破をかけるためにわざと言われてしまいがちです。

 

どちらにとっても、本人にとっては居心地が悪いことこの上なくなりそうです。

売れ残り娘が結婚すると「片付いた」なんて表現されたりしますが、そもそも「売れ残り」も「片付いた」も本来は物に対して使う言葉です。

なんか邪魔な物と言われているようで悲しくなっちゃいますね。

③他人の不幸が蜜の味に変わる

他人の不幸が蜜の味に変わる

一人ぼっちの悲しみやさみしさを乗り越えると、そのうちに開き直る人も多いと思います。

でも、結婚したかった女性は、心のどこかで既婚者をずっと羨んでいく事になります。

子育てする女性を妬ましく思う事もあるかもしれません。

人は幸せでないと、同時に僻みや妬みといった感情も生まれがちです。

 

人を恨む事はなくても、妬む気持ちが強くなると人の不幸を見て幸福を感じてしまうかもしれません。

自分より大変な人を見て「あの人より私の方がマシ」と思ったり、離婚した同級生がいると「だから結婚しない方がいいのよ」と納得させたり。

 

自分が今「幸せ」だと確信を持てない人は、他人と比べて優位だと自分を納得させて精神状態を保っていくのかもしれません。

だから、自分よりも不幸な人の話を聞くと安心したり、さらに悪化すると楽しく感じたりしてしまうのかも・・・。

 

人の不幸を喜ぶのは精神的に病んでいると思いますので、そこまで病まないためにも売れ残り女にならないようにしましょう。

④同窓会に行きづらくなる

同窓会に行きづらくなる

30代後半になると、女性の約7割、男性の約6割が結婚しているというデータがあります。

首都だけに限定すると、既婚率の割合はもう少し減りそうな気がしますが、田舎の場合は逆にもっと既婚率が多くなるかもしれません。

 

20代の時は、懐かしい面々に会える事を純粋に楽しんでいた人も、30代を過ぎるとそうも行かなくなってきます。

既婚者は当然、結婚相手や子育てについての会話がメインになりがちですし、未婚者の場合はその話について自分が語る事はできません。

 

会話を楽しめない上に、「なんで結婚しないの?」「独身は自由でいいよね」などの質問や意見を投げかけられ、つまらない上にイラっとすることも多くなります。

今は独身の人も増えていますし、結婚することが「成功」という事ではありませんが、既婚者が多い場所に行くと、独身者はまるで欠陥品のように感じてしまうかもしれません。

⑤老後は人間関係もお金もさみしくなる

老後は人間関係もお金もさみしくなる

あなたは、いったいいつまで働きますか?

いつまで働けますか?

現在、仕事を持っている人でも、将来的には、いつまで働けるのかはわかりません。

収入がある人は、将来を見据えて貯金をしっかりとしておきましょう。

 

実家暮らしの場合は家賃の心配はありませんが、長く住めば家もところどころ傷んでくるので修繕が必要になります。

また、家と同じように自分も年をとれば病気やケガが多くなります。

一緒に暮らすパートナーがいない場合は、すべてを自分自身でどうにかしなければなりません。

 

老後はそれまで貯めた貯蓄を切り崩して生活することになります。

30代以上の独身女性ですでに孤立を感じている人は、40代、50代と歳を重ねる毎に、さらに孤独は加速していきます。

 

60代になった時には、独り身のさみしさを感じると同時に、金銭的にも余裕がないと老後に不安を感じる事になってしまうでしょう。

ざまあと呼ばせないためにできること

「売れ残り女」とも「ざまあ」とも呼ばれたくはないですよね?

年齢を戻して若返ることは無理でも、年相応に素敵に変わっていくことはできます。

「あのこは貴族」という映画を観るのもいいかもしれません。

幸せの形は人それぞれです。

 

売れ残りから脱却する方法は、たったひとつで自分自身が充実感を得る事です。

日本は他国から比べると離婚率は少ない方です。

しかし、結婚した3組に1組は離婚しているという結果が出ています。

結婚したからといって誰もが幸せとは限らないということです。

 

それでも、私は一度は結婚する事をおすすめしたいです。

結婚や子育ては、自分だけを優先して大切にしていたら成り立たないからです。

私は一人暮らし生活が長かったので、その気楽さを今でも忘れられません。

それでも、結婚して良かったとは思っています。

 

誰かのために生きることで、人として大きく成長しました。

年をとって体力の衰えにはズーンと落ち込む事もありますが、歳を重ねるのも悪くないと思える自分がいます。

今、自分が「充実してないな」と思う人は、変えれるところから変えていきましょう。

自分を客観視する

自分を客観視

「ざまあ」と呼ばれてしまう女性の多くは、自分を客観視できない人が多いです。

たとえ独身女性であっても、毎日が充実して輝いていたら「ざまあ」などと酷い言われ方をする事もないでしょう。

 

しかし、「充実して輝くこと」自体を勘違いしたら意味がありません。

自分が若く見えるからと、若い子たちが好むファッションを着る人がいます。

誰にも迷惑かけてはいないですし、自分が好きなファッションをするのは構いませんが、若く見える事は「若いという事ではない」という事は理解しましょう。

 

若さというたとえで客観視について書きましたが、客観視というのは自分の主観ではなく、第三者の立場に立って冷静に見極める事です。

自分が第三者からどう思われているのかを正しく理解する事で、変えた方が良い事は積極的に変えるべきです。

 

客観的に見て良い方向に変わる事で、自分に対する相手の見方も変わりますし、取り巻く人間関係も変化していくかもしれません。

自業自得と言われないためにできることをする

自業自得を言われないためにできることをする

自業自得はざまあと同様の意味を持つ言葉です。

売れ残り女は自業自得。

結婚を望みながら恋愛も出来ない事だけでも悲しいのに、それを自業自得だなんて言われたら立ち上がれません。

 

でも、考えてみてください。

結婚は置いておくとしても、日本の場合は人口比率は女性よりも男性の方が多いのに、恋愛する相手も見つからないのはおかしいと思いませんか?

男女ともに「恋愛したくない」というのは少数派です。

 

恋愛する相手を、捕まえられないのは自業自得と言われても仕方がありません。

あなたの理想やプライドが高すぎるという事はありませんか?

恋愛経験が一度もないという人は何が間違っているのかわかっていますか?

どちらにしても、自分を客観視してできる事をして行く事が必要です。

客観視するために相談する

客観視するために相談する

自分自身で客観視できるという人は、以前からそうしているはずです。

自分自身で客観視できないという人は、信用できる第三者に相談してみることをおすすめします。

 

しかし、30代を過ぎると、誰かに何かを相談するという事にためらいがちになります。

自分の弱い部分や内面をさらけだす事は、人によっては裸になることよりも恥ずかしく感じるからです。

そんな時は、経験豊富な第三者に相談してみるというのも手です。

 

皆さんは占い師さんに占ってもらった事はありますか?

私は対面でも占いを経験した事がありますが、占いは占い半分、人生相談半分といったところだと思います。

占ってもらった後、気分がスッキリするのは、悩みの解決の糸口が見つかったからだったりします。

 

占い師の中には、当たっても当たらなくても断定的に診断する人もいますが、こちらの話を聞いた上で客観的にアドバイスしてくれる占い師も多くいます。

占い師に話を聞いてもらう事で、自分の考えも整理する事ができるのでおすすめです。

 

\次から次に!当たる人、ぞくぞく/

売れ残り女の末路は悲惨すぎる?まとめ

売れ残り女の末路は悲惨すぎる?まとめ

今回は売れ残り女が「ざまあ」と言われる特徴は?悲惨な末路ランキング総まとめ!と題し、売れ残り女がざまあと呼ばれてしまう所以や、悲惨な末路と共にそこから抜け出す方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

30代を超えると自分の考え方に固執してしまいがちですが、今が充実していないならば考え方を柔軟にしましょう。

婚活中ならば尚更で、時には第三者の客観的な意見を聞く事も必要かもしれません。

 

占いなども利用しながら、まずは冷静に自分を見つめ、変えれるところは変えて行きましょう。